ノディクト50mg(Nodict) レビアジェネリック

nodict

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

評価
4
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:nodict
ノディクト50mg(Nodict) レビアジェネリック
ノディクト50mg(Nodict) 30錠
在庫あり
6%OFF ¥9,600 ¥8,980
数量30錠
ノディクト50mg(Nodict) 90錠【送料無料】
在庫あり
10%OFF ¥28,800 ¥25,780
数量90錠
ノディクト50mg(Nodict) 150錠【送料無料】
在庫あり
17%OFF ¥48,000 ¥39,980
数量150錠

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

ノディクトの詳細

ノディクトとは

医薬品名
ノディクト(Nodict)
メーカー
サンファーマ(Sun Pharma)
有効成分
ナルトレキソン塩酸塩(Naltrexone Hydrochloride)
効果・効能
アルコール依存症の治療
剤形
タブレット(tablet)
  1. アルコール摂取による高揚感を減らす アルコール摂取時の快感をもたらす報酬効果をブロックすることで高揚感を消失させ断酒をサポートします。
  2. アルコール依存症の治療に アメリカでは1995年からアルコール依存症の治療薬として使用されてきた薬で、飲酒への渇望を抑え飲酒量を減らす効果が期待できます。
  3. 高品質なジェネリック医薬品 ノディクトの製造元であるサンファーマ社は日本法人を持つインドの製薬会社で、厚生労働省からも承認された医薬品があるほど品質や安全性に優れています。

ノディクトはアルコール依存症の治療に用いられる医薬品です。

アルコールは脳の報酬系を刺激し一時的な快感をもたらします。しかし、飲酒は報酬系を活発化させる働きがあり快感を何度も求めるようになると自分の意志では飲酒量をコントロールできないアルコール依存症を発症してしまいます。

有効成分のナルトレキソンはオピオイド受容体拮抗薬に分類され、一時的な快楽を感じる報酬系の回路であるオピオイドと受容体の結合をブロックする作用があります。
これによって、アルコール摂取時の高揚感を減らし飲酒への渇望を抑える効果が期待できます。

また、ナルトレキソンを低用量で使用した場合はがんの進行抑制や新型コロナウイルス(COVID-19)の後遺症改善効果も期待されています。

製造元のサンファーマ社はインドのムンバイに本社を置く製薬会社で、アメリカをはじめカナダ、ヨーロッパといった各先進国で医薬品を製造・販売しています。 日本ではあまり名前が知られていませんが、日本法人をもち日本の厚生労働省にも医薬品承認を受けるなど高い製薬技術を有するため同社の製品は安心して使用することができます。


ノディクトはアルコール依存症の治療薬です。

日本では承認されていませんが、アメリカでは1995年からアルコール依存症治療のために用いられています。

アルコール依存症は脳の報酬系が過度に活発になり同時に理性的思考が低下することで自分の意志で飲酒量をコントロールできなくなってしまう病気です。

アルコールにはドーパミンという神経物質を分泌を誘発する働きがあります。ドーパミンが放出されると報酬系が活発化するとともに報酬(快感)がもたらされます。そして、快感をさらに得ようとして報酬を得られた行動を何度も繰り返してしまうようになるのです。

このように快感を追求する一方で、脳には衝動を抑制する機能もありますが、ドーパミンにはこういった機能を低下させる働きもありブレーキが効かなくなってしまいます。

ノディクトの有効成分ナルトレキソンは、報酬系の回路であるオピオイドとμ受容体が結合するのを阻害することで報酬系の活発化を防ぎアルコール摂取による快感を減らす効果が期待できます。

効果・効能

ノディクトの有効成分ナルトレキソンはオピオイドのμ受容体に対する拮抗薬で、アルコール依存症の原因となる飲酒による報酬効果をブロックしてアルコール摂取時の高揚感を消失させる効果が期待できます。

ノこれによって、飲酒への渇望や飲酒量を減らし断酒をサポートする効果が期待できます。


ナルトレキソンはオピオイド受容体をブロックすることにより、アルコールとオピオイドに対して薬理効果があります。

飲み方・使い方

ノディクトは1日1錠を水かぬるま湯で服用してください。ただし、1日1回以上の服用はできません。

アルコール依存症の場合、効果があらわれるまでには時間がかかりますので少なくとも12週間は服用を継続してください。

保管はなるべく湿気や熱、日光を避けて常温で保存してください。また、誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

ノディクトは有効成分ナルトレキソンが副作用が発生する可能性があります。
以下に挙げる副作用は一般的で治療も不要で服用を繰り返すうちに体が慣れて低減されていくものですが程度が気になるようでしたら医師にご相談ください。

主な副作用
  • 腹部・胃の痛み
  • 吐き気
  • 疲労感
  • 関節・筋肉痛
  • 喉の痛み
  • めまい
  • のどの渇き
  • 食欲減少

ただし、以下のアレルギー反応があらわれた場合は緊急の治療を受けてください。

主なアレルギー反応
  • 呼吸困難
  • 顔、唇、舌、のどの腫れ
  • 発疹

服用により以下の副作用があらわれる場合があります。異常を感じた場合はただちに医師の診察を受けてください。

まれな副作用
  • 頻尿
  • うつ
  • 息切れ
  • 体重の増加
  • 顔、足、下肢のむくみ
  • 胸痛

相互作用

有効成分ナルトレキソンは以下のようなオピオイド系薬剤と併用した場合相互作用を引き起こす可能性がありますので併用を避けてください。

医師に確認が必要な薬
  • オピオイド系薬剤
    モルヒネ(MS コンチンなど)、フェンタニル(フェントスなど)、フェンタニル・ドロペリドール(タラモナール)、レミフェンタニル(アルチバなど)、オキシコドン(オキシコンチンなど)、メサドン(メサペイン)、ブプレノルフィン(ノルスパンなど)、タペンタドール(タペンタ)、 トラマドール(トラマールなど)、トラマドール・アセトアミノフェン(トラムセット)、ペチジン、ペチジン・レバロルファン(ペチロルファン)、ペンタゾシン(ソセゴンなど)、ヒドロモルフォン(ナルサスなど)
  • レフルノミド
  • ヒドロコドン
  • ドロペリドル
  • ヒドロコドン
  • コデイン
  • クラリスロマイシン

その他にも、ナルトレキソンとの相互作用を引き起こす可能性は、処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が挙げられます。
これらの相互作用はあくまで代表的なもののみで全てについて列挙しているわけではないためご注意ください。

禁忌・注意点

有効成分のナルトレキソンに対してアレルギーがある/span>場合はノディクトを使用できません。

また、以下に該当する場合も同様です。

使用できないケース
  • オピオイド鎮痛剤を使用中
  • 現在オピオイドへの依存症状がある
  • 急性オピオイド離脱症状がある
  • オピオイド尿スクリーニング陽性
  • ナロキソン負荷試験に不合格だった
  • 急性肝炎
  • 重度の肝機能障害
  • 重度の腎機能障害
  • 妊娠中・授乳中

また、以下に該当する場合は医師に相談し安全性を確認した上で薬を服用してください。

医師に確認が必要な既往歴・症状
  • 肝機能障害
  • 腎機能障害
  • うつや自殺の傾向
  • ステロイド剤の全身投与から局所投与に切り替えた
  • 高齢者

短時間作用型オピオイドを服用していた方は7日、長時間作用型オピオイドを服用していた方は10~14日の間隔をあけてからナルトレキソンを服用してください。

服用によりめまいや眠気が起こる場合がありますので、自動車など危険を伴う機械の操作には十分注意してください。

よくある質問

Q.低用量ナルトレキソンとは何が違いますか?
A.用量が異なります。ノディクトは1錠50㎎であるのに対して低用量ナルトレキソンは1.5mgと3mgの低用量になっています。
Q.どれくらいで効果が出ますか?
A.個人差はありますが、アルコール依存症治療としては一般的に3~4か月行われます。そのため、最低でも12週間は服用を継続することが推奨されています。