【〇万円~〇千円まで全3種類5パターン】バイアグラの購入方法一覧

【〇万円~〇千円まで全3種類5パターン】バイアグラの購入方法一覧

バイアグラと言えば、飲むだけで10代の頃の勃起力が取り戻せるED治療には欠かせない薬ですね。

しかし、このバイアグラは価格もスピードも安全性もどこで購入するかによってすべてが異なる…というのはあまり知られていません。

そこで、今回はバイアグラ初心者の方向けにバイアグラの購入方法全5パターンをメリット・デメリット込みで詳しく解説してまいります。

バイアグラを買う方法は大きく分けて5パターン

それぞれの方法を紹介する前にまず知っておきたいのは、通常バイアグラの購入方法は一般的に大きく以下の3種類に分けられるということです。

  • 医師の処方
  • ネット通販
  • SNSで購入

この3種類の中でも特に医師の処方は「ED外来」「オンライン診療」「町のお医者さん」などクリニックの形態によって価格や手に入るスピードなど特徴が大きく異なりますので、今回は独自に3種類5パターンの分類での紹介としました。

なお、「薬局やドラッグストアは?」と思われている方もいるかもしれませんが残念ながらバイアグラは市販薬ではないため店舗で購入することはできません。
これは他のED治療薬であるレビトラやシアリスでも同様なのでしっかり覚えておきましょう。

それでは分類がわかったところで早速それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説してまいります。

①医師に処方してもらう(自由診療)

医院の中でも特に保険外治療専門のクリニックやED専門外来などのことで、立地は一等地で内装も豪華だったりするのが特徴です。

安全性★★★★★
スピード★★★★★
プライバシー★★★★★
価格★★★★

メリット

最大のメリットは何と言っても対面で医師が処方してくれる安心感・安全性の高さと即日処方のスピード感でしょう。

欲しいと思えばその日のうちに購入することも可能なので急な予定が入った際にも助かります。

また、院内は患者同士が出くわさないなどプライバシーもしっかり配慮されていることが多い、EDを専門的に取り扱うことから症例も豊富といった点も大きなメリットです。

デメリット

基本的に保険外の治療のみを専門的に取り扱うため、治療費はどうしても高額になりがちです。

バイアグラの処方自体が高額だったり、医院オリジナルのサプリメントをオススメされたりなど「NO」とハッキリ言える方でないと損しがちかもしれません。

②医師に処方してもらう(オンライン診療)

分類としては①のオンライン版で、一言で言えばZOOMで診療、薬は郵送というタイプの医院です。

安全性★★★★★
スピード★★★★
プライバシー★★★★★
価格★★★★★

メリット

以下のポイントは①と同じですが、

  • 医師が処方してくれる安心感・安全性
  • 自宅でオンライン診療なのでプライバシーも関係なし
  • EDを専門的に取り扱うので症例も豊富

やはり遠隔という点で安心感では若干の不安が残ります。
実際に何かしらトラブルが起こるわけではありませんが、いずれにしても細かいことにはこだわらない方向けかも。

デメリット

即日発送でも即日到着ではないため、スピード感では①にやや劣ります

しかし、遠隔だからこそ余計な商品は断りやすいという側面もあるので価格の点では2といたしました。

③医師に処方してもらう(保険医)

一般的な泌尿器科でいわゆる町のお医者さんで、場合によっては内科でも対応してもらえることもあるようです。

安全性★★★★★
スピード★★★★★
プライバシー1~4
価格★★★★★

メリット

医師が処方してくれる安全性・安心感と当日処方のスピード感は①と同様です。

また、基本的に適正価格で何かを販売されることもないため価格面では安くはないながらも比較的安心です。

デメリット

「ロビーで大声で説明された」「診療中に他の患者が同室している」といった経験は皆さん一度はあるかと思いますが、このようにプライバシー面で医院差がかなり大きいです。

もちろん、配慮しているところはキチンとしているかと思いますが、それでも①や②には劣ります。

ちなみにバイアグラが保険適応で購入できるわけではありませんので、それ目的で通院を考えている方はあしからず。

④ネット通販(個人輸入)で購入する

amazonや楽天のようにポチるだけで購入できる医薬品専門の通販サイトで、正確には個人輸入代行サイトと言います。

安全性1~4
スピード★★★★
プライバシー★★★★★
価格★★★★★★★★★★

メリット

とにかく最大のメリットは安さで、クリニックの1/10の価格で購入できることも珍しくありません。

また、購入時の匿名性も非常に高いためプライバシーの心配も不要です。

デメリット

海外からの取り寄せになるため、どれだけ早くても数週間ほどの時間がかかります。

また、最近は少なくなりましたが中国・韓国系の詐欺サイトに騙されるリスクもあるためサイトの目利きが肝心となります。

簡易チェックシート
  • サイトの日本語が変じゃないか
  • サイトのデザインが海外っぽくないか
  • サイト名とURLが合ってるか(乗っ取りの場合も)
  • 相場より不自然に安すぎないか

ちなみに、ラククルはこの④に該当するサイトになりますが、当サイトではすべての医薬品が100%正規品保証となっております。

ぜひ興味がありましたら、ご利用をご検討ください。

ジェネリックなら1錠100円台~

⑤SNSやフリマアプリで購入する

実はED治療薬はツイッターやメリカリなどでもひっそりと売られていることがあり購入できる場合があります。
完全に個人間での譲渡・売買といった取引になりますが、残念ながら違法です。

安全性★★★★
スピード1~4
プライバシー1~3
価格★★★★★★★★

メリット

たいていは④で購入した医薬品や①で保険適応で入手した医薬品を個人で転売しているため、安いというのが唯一メリットらしいメリットと言えるのかもしれません。

スピードやプライバシーは購入者次第になるためまちまちです。

デメリット

医薬品を個人間で譲渡・売買するのは日本では違法になるため安全性は圧倒的1となります。

ちなみに警察もこういった情報はしっかり把握していて、実際に時々逮捕者も出ています。また、細かいことを言うと薬の保管方法や使用期限にも疑問点が残りますね。

ユーザとしては特にこの方法で購入するメリットはないため、もし見かけたとしても避けた方が無難でしょう。

(※この方法による購入を助長している意図は一切ございません)

最後にもう一言だけ…

いかがでしたか、最後の⑤はさておき①~④まででも意外と「半分も知らなかった」という方が多かったのではないでしょうか。

バイアグラは購入場所によって価格、安全性、入手スピードなどすべてが異なります。ぜひ自分に合った方法で購入してみてください。

バイアグラから次世代薬まで