ドゥマン0.5mg(Duman) アボダートジェネリック

duman

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

評価
3.8
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:duman
ドゥマン0.5mg(Duman) アボダートジェネリック
ドゥマン0.5mg(Duman) 100錠【送料無料】
在庫あり
5%OFF ¥16,000 ¥15,280
数量100錠
ドゥマン0.5mg(Duman) 300錠【送料無料】
在庫あり
19%OFF ¥48,000 ¥38,980
数量300錠
ドゥマン0.5mg(Duman) 500錠【送料無料】
在庫あり
21%OFF ¥80,000 ¥62,980
数量500錠

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

ドゥマンの詳細

ドゥマンとは

医薬品名
ドゥマン(Duman)
メーカー
インタス(Intas Pharma)
有効成分
デュタステリド(Dutasteride)
効果・効能
男性の薄毛(AGA)改善
剤形
錠剤(Tablet)
  1. 脱毛を強力にブロック ドゥマンの有効成分デュタステリドは脱毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の産出を妨げる作用があり、脱げ毛を強力に抑制します。
  2. フィナステリドの1.6倍もの高い効果 デュタステリドは、脱毛防止で有名なフィナステリド(プロペシア)の約1.6倍の発毛効果があるとされていて、ある程度進行したAGAに対しても効果が期待できます。
  3. コストパフォーマンスに優れる 先発薬のザガーロやアボダートと同等の効果が期待できながら、安価なのでコストパフォーマンスが良く続けやすい価格になっています。

ドゥマンは男性型脱毛症(AGA)に用いられる医薬品で、先発薬のザガーロ(海外ではアボダート)と同じ有効成分デュタステリドを含有しています。

デュタステリドは脱毛の原因となる男性ホルモン・ジヒドロテストステロン(DHT)の産生を妨げることでヘアサイクル(髪の生え変わりの周期)を正常に整え薄毛を改善する効果が期待できます。

DHTは5αリダクターゼという還元酵素が要因で引き起こされますが、もう一つの脱毛防止成分として有名なフィナステリドは5αリダクターゼⅠ型のみを阻害するのに対しデュタステリドはⅠ型とⅡ型両方を阻害します。
そのため、フィナステリド(プロペシア)に比べ強力な脱毛防止・発毛効果が期待できます。

製造元のインタスファーマ社はインドのグジャラートに本拠地を置く製薬会社です。 インド国内ではトップ10に入る大手製薬会社で、アメリカやヨーロッパを始め世界各国に医薬品を販売しています。 アメリカのFDA(食品薬品局)やイギリスのMHRA(医薬品・医療製品規制庁)から承認を受ける企業なので品質は非常に高いと言えるでしょう。


ドゥマンの有効成分デュタステリドはAGA(男性型脱毛症)の治療に用いられる医薬品で、2015年には厚生労働省からも承認を受け、日本のクリニックでも一般的に処方されています。

AGAになると髪の毛の成長期が通常よりも短縮され、退行期が延長されることで抜け毛が増えます。

デュタステリドにはこの脱毛の原因となる男性ホルモン・ジヒドロテストステロン(DHT)の産出を妨げる作用があります。

これによってヘアサイクルが正常化され、毛髪の太さ・長さ・寿命を改善する効果が期待できます。

ただし、デュタステリドは成人男性用の医薬品で、女性や子供は使用に加えて接触も禁止されていますので取り扱いには十分注意が必要です。

効果・効能

ドゥマンの有効成分デュタステリドはAGAの原因となる男性ホルモン・ジヒドロテストステロン(DHT)の生成に不可欠な5αリダクターゼ還元酵素を阻害することでヘアサイクルを正常化する働きがあります。

これによって、脱毛を防ぎ男性の薄毛を改善する効果が期待できます。

デュタステリドは側頭部や後頭部に存在する5αリダクターゼⅠ型および頭頂部と前頭部に存在する5αリダクターゼⅡ型両方に作用するため、Ⅰ型のみに作用するプロペシア(フィナステリド)よりも約1.6倍発毛効果が高いとされています。


血中から毛乳頭細胞に取り込まれた男性ホルモン・テストステロンは細胞質にある5αリダクターゼ酵素によって別の男性ホルモン・ジヒドロテストステロン(DHT)へと代謝されます。

ジヒドロテストステロン(DHT)は細胞の核にあるアンドロゲン受容体と結合し脱毛因子TGF-βを増加させます。
TGF-βは別の脱毛因子FGF-5へ伝達され、FGF-5により脱毛が起こります。

ドゥマンの有効成分デュタステリドは、この5αリダクターゼ酵素のはたらきを阻害し、テストステロンをジヒドロテストステロンへと変換されるのを防ぎます。
そのため、ヘアサイクルが正常化され男性型脱毛症(AGA)による脱毛を妨げる仕組みです。

Ⅰ型とⅡ型いずれの5αリダクターゼ酵素も阻害するのが特徴で、これによりプロペシア(フィナステリド)と比べて優れた発毛効果を示します。

飲み方・使い方

ドゥマンは1日1回1錠を水もしくはぬるま湯で服用してください。
当サイトでは0.5mgの1種類が購入可能ですが、初めて使用される場合はプロペシア(フィナステリド)の1mgから服用してください。

服用開始から3か月程度は初期脱毛と呼ばれる抜け毛が増加する期間があります。その後、一般的には3か月~6か月程度で効果を実感できるようになります。
ただし、ドゥマンは継続服用が必要で、飲み忘れが多い場合は十分な効果が得られにくくなりますのでご注意ください。

薬はなるべく湿気や熱、日光を避けて常温で保管してください。

ドゥマンは女性や子供は使用に加えて接触も禁止されています。誤飲を避けるため子供や女性、ペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

万が一成人男性以外が誤ってカプセルに触れたときはただちに石鹸と水で洗い流してください。

副作用

ドゥマンの一般的な副作用には以下のものがあり、これらは通常は医師の治療を必要としません
ただし、症状が厄介な場合は医師に相談しても良いでしょう。

主な副作用
  • 性機能不全(リピドー減退、勃起不全、射精障害)

ただし、デュタステリドに対するアレルギー反応や重度の皮膚反応の徴候が見られる場合は服用を中止し、ただちに医師の治療を受けてください。

主なアレルギー反応
  • じんま疹
  • 呼吸困難
  • 顔、唇、舌、のどの腫れ
治療が必要な症状
  • 肝機能障害
  • 黄疸(皮膚や眼球の白い部分が黄色くなる)

また、デュタステリドは使用によって前立腺ガンを発症するリスクが高まる可能性があります。
この薬を使用している間、定期的に前立腺特異抗原(PSA)を検査してガンをチェックしてください。


有効成分のデュタステリドによって、いくつかの副作用が発生する可能性があります。

稀に起こる副作用
  • 頭痛
  • 抑うつ気分
  • 乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房不快感)
  • 腹部不快感
発生頻度不明の副作用
  • 不動性めまい
  • 味覚異常
  • 精巣痛、精巣腫脹
  • 脱毛症(主に体毛脱落)
  • 多毛症
  • 腹痛、下痢
  • 倦怠感
  • 血中CK増加

相互作用

CYP3A4阻害作用を有する薬剤(リトナビルなど)を使用している方は、医師に相談し安全性を確認した上でドゥマンを服用してください。

その他にも処方薬や市販薬、ビタミン、ハーブ製品などがデュタステリドとの相互作用を引き起こす可能性があります。ここに挙げたものは代表的なもので、すべてを列挙しているわけではありませんのでご注意ください。

禁忌・注意点

ドゥマンは成人男性専用です。
デュタステリドは皮膚から吸収される可能性があるため、女性や子供は服用に加えて接触も禁止されています。

特に妊娠中に女性が接触すると胎児が先天性欠損症を引き起こす可能性があります。妊娠中または妊娠する可能性のある女性はデュタステリドカプセルを扱わないでください。

また、以下に該当する場合も使用できません。

稀に起こる副作用
  • 成分および5α還元酵素阻害薬に対しアレルギーがある
  • 重度の肝機能障害

デュタステリドの服用中および治療終了後少なくとも6ヶ月間は献血を行わないでください。
デュタステリドが血中に含まれる可能性があり、妊婦がデュタステリドを含む血液の輸血を受けても先天性欠損症を引き起こす可能性があるためです。

また、肝機能障害のある方はドゥマンの使用に注意が必要です。必ず医師に安全性を確認の上使用してください。

よくある質問

Q.ドゥマンはカプセルタイプですか?
A.いいえ。ドゥマンは錠剤タイプです。
Q.飲むのをやめたらどうなりますか?
A.服用をやめると再びAGAが進行し服用前の状態に戻ります。
Q.どれくらいで効果を実感できるようになりますか?
A.個人差はありますが、3か月~6か月ほど継続服用することで効果を実感できるケースが多くなっています。