アスランス(assurans) 20mg

assurans20mg

商品画像は、パッケージリニューアルなどの理由によりデザインが異なる場合がありますのでご了承ください。

商品番号:assurans20mg

アスランス(assurans)20mg

アスランス20mg(assurans)15錠
在庫状態 : 在庫有り
¥4,480 ¥3,380
数量15錠
アスランス20mg(assurans)75錠【送料無料】
在庫状態 : 在庫有り
¥22,400 ¥11,980
数量75錠

同じ成分(ジェネリック・正規品)や関連の医薬品

医薬品の概要

医薬品名
アスランス(assurans)
メーカー
シプラ(cipla)
有効成分
シルデナフィルクエン酸塩(Sildenafil)
効果・効能
勃起不全(ED)の改善
剤形
タブレット(tablet)

特徴

世界で初めて開発されたED治療薬・バイアグラのジェネリック医薬品で、インド屈指の製薬企業による製造・販売が特徴です。

効果・効能

バイアグラと同じ有効成分シルデナフィルは陰茎の血管を拡張し、海綿体内部に流入する血液の量を増やして正常な勃起を促します。

副作用

主な副作用としては、紅潮、鼻詰まり、頭痛、めまい、胃のむかつき、背中の痛みなどが挙げられます。

飲み方

性行為の1時間前に水またはぬるま湯で服用してください。
当サイトでは20mgの1種類が購入可能です。初めて使用される場合は20mg錠から飲んでください。

医薬品の詳細

アスランスとは

アスランスは、肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療のための医薬品でインドのシプラ社によって製造されているものです。
レバチオのジェネリックに該当する医薬品ですが、バイアグラと同じ有効成分シルデナフィルが含まれているため、服用することで性行為を行うために十分な勃起を維持・促進する効果も期待できます。

インドのムンバイに本拠地を置くシプラ社は国内で五指に入る大手製薬会社で、特に発展途上国のHIV患者向けに低価格帯のジェネリック薬を製造・販売し多くの人の命を救った功績が讃えられています。
日本でこそあまり知られていませんが、アフリカをはじめ発展途上国では非常に知名度の高いメーカーです。

なお、シプラ社が手がけるシルデナフィルを含むジェネリック薬はアスランスのほかにスハグラが挙げられます。
いずれも有効成分はシルデナフィルで違いはありませんが、アスランスは含有量が20mgと他のED治療薬に比べて控えめな点が大きな特徴です。特に初めてED治療薬を使用する方にはおすすめでアジア人男性向けとも言えるかもしれません。
ただし、十分な勃起効果が得られない場合には同社のスハグラなどシルデナフィル含有量の多い医薬品への切り替えを検討する必要があるでしょう。

詳細説明

アスランスは主に肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療に使用される医薬品ですが、バイアグラと同じ有効成分シルデナフィルクエン酸塩を含んでいるため、男性の勃起不全(ED)の治療にも使用することができます。

勃起不全は男性特有の問題で、何らかの理由によって性交時に陰茎の勃起を達成・維持できない状態のことを指します。
これは陰茎への血流減少によって起こるものですが、アスランスは陰茎中の平滑筋を弛緩させることにより、海綿体内の血流を改善し勃起不全を解消する仕組みです。

EDは加齢により発症するリスクが増加していくもので、40歳から70歳になる間にかけて中・重度のED発症リスクは数倍増加していきます。
加齢以外にも、勃起を妨げる陰茎への血流低下は

  • 怪我や病気による身体的問題
  • 肥満、喫煙、飲酒などの慢性的なライフスタイルの問題
  • 不安、ストレス、うつ病などの心理的状態

などの原因によっても発生する可能性があります。

アスランスはどの原因に起因する勃起不全であっても効果が見込めますが、特に根本が心理的な要因にある場合で重症度が高いとうまく機能しないことがあります。
心理的要因による勃起不全で正常な勃起効果を得たい場合には、アスランスなどシルデナフィルクエン酸塩による医薬品の服用に加えて心理カウンセリングによる問題解決のアプローチも重要です。

また、アスランスは服用によって頭痛や紅潮、悪心といった一般的な副作用以外に失明、聴覚障害、4時間以上持続する痛みを伴う勃起などの重い副作用を引き起こす可能性もあります。
服用によって重篤な副作用が見られる場合は、直ちに医師の診断を受けてください。

また、この薬は梅毒、淋病、HIVといった性感染症(STD)に対しての予防・改善効果はありません。そのため、性感染症(STD)の予防・改善に対しては別途適切な治療や対策を行う必要があります。

効果・効能

勃起不全(ED)

アスランスを服用すると、性的興奮や刺激を受けた際に性行為に十分な陰茎の勃起を促す効果が期待できます。有効成分シルデナフィルには勃起を阻害するホスホジエステラーゼ5型(PDE-5)という酵素を抑えるはたらきがあり、それにより海綿体への血液流入が増加し勃起が起こるようになる仕組みです。

なお、勃起は性的刺激に反応して初めて起こるもので薬の服用のみによって効果が得られるものではありません。

肺動脈性肺高血圧症(PAH)

シルデナフィルには心肺機能や運動機能の向上・動脈硬化の予防改善の効果もあり、肺動脈性肺高血圧症(PAH)の治療にも使われることがあります。

シルデナフィル1回20mgを1日3回経口投与することで、通常シルデナフィル20mgを4~6時間の間隔で1日に3回摂取することで、肺血管平滑筋のcGMPを分解するPDE-5のはたらきが阻害され心肺機能が向上します。

1歳以上の子供と女性であればシルデナフィルによる治療を検討することができますが、一般的には推奨されていません。

効果詳細

勃起不全(ED)

陰茎は性的刺激を受けることによって一酸化窒素を放出します。一酸化炭素はグアニル酸シクラーゼという酵素を活性化するため、それによりさらに海綿体の血管・血流を増幅させる環状グアノシン一リン酸(cGMP)が増加し、平滑筋の弛緩と海綿体への血液流入をもたらします。

勃起はホスホジエステラーゼ5型(PDE-5)酵素がcGMPを破壊することによって収束しますが、アスランスに含まれるシルデナフィルクエン酸塩はこのPDE-5のはたらきを阻害することで一酸化窒素の効果を高め勃起を促す仕組みです。

性的刺激を受けた際にシルデナフィルクエン酸塩によるPDE-5の阻害によって海綿体のcGMPレベルが上昇するようになり、平滑筋の弛緩と海綿体への血液の流入が生じるため正常な勃起が促されます。

肺肺動脈性肺高血圧症(PAH)

肺血管平滑筋にて環状グアノシン一リン酸(cGMP)の分解酵素であるホスホジエステラーゼ5型(PDE-5)のはたらきを阻害することでcGMP濃度を増加させ、肺血管系の弛緩による肺動脈圧と肺血管抵抗を低下をもたらします。

飲み方・使い方

服用後は30分~1時間程度で作用し始め、1時間後には最高血中濃度に達します。その後は陰茎の勃起が4~5時間ほど維持・促進され性行為を補助します。
食事やアルコールの摂取は薬効に影響を及ぼすため、なるべく空腹時での服用が推奨されています。特に高カロリー(高脂肪)の食事を摂取した場合には1時間ほど作用が遅れることがあります。
また、勃起不全の治療目的で服用する際は1日1回1錠以上の服用を控えてください。

また、有効成分のシルデナフィルは血管拡張作用があるためアルコールとの併用により酔いを早める場合があります。また、グレープフルーツとは相互作用があり、薬の望ましくない副作用を過剰に引き起こすことが知られています。
そのため、アスランスを服用する際には基本的に水またはぬるま湯で飲むことをおすすめします。

薬は常温での保存が可能ですが、高温多湿・直射日光により劣化が早まるため避けて保存してください。
また、誤飲を避けるため子供の手の届かないところでの保管が推奨されています。

副作用

アスランスの副作用には以下の症状が報告されています。
通常は体が薬に順応するにつれ消失するため通常は医師の診察や治療を必要としません。しかし、副作用が気になる場合は医師に相談することにより予防・軽減するアドバイスを得られる可能性もあります。必要に応じて医師に相談してください。

主な副作用

  • 顔の赤らみ(ほてり、赤味がかる、ピリピリする感覚)
  • 頭痛、めまい
  • 胸やけ、吐き気、胃のむかつき
  • 視覚異常(かすみ目、色覚の変化)
  • 鼻水や鼻づまりや鼻血
  • 睡眠障害(不眠症)
  • 筋肉痛、腰痛

これらの副作用は完全なリストではなく、その他にも症状が発生する可能性があります。副作用について質問がある場合は医師に相談してください。
また、特に以下の症状が現れる場合には服用を中止し、ただちに医師の治療を受けてください。

治療が必要な症状

  • 心臓発作の症状(胸痛や圧迫感、あごや肩に広がる痛み、吐き気、発汗)
  • 視力変化や突然の視力障害
  • 勃起に痛みがある、または4時間以上続く(勃起が長引くと陰茎が損傷することがあります)
  • 耳鳴りや突発性難聴
  • 不整脈
  • 手、足首、または足の腫れ
  • 息切れ
  • 発作(けいれん)
  • 気絶しそうなふらつき

その他にも、以下の症状が見られる場合ではシルデナフィルに対するアレルギー反応の可能性があります。ただちに服用を中止して医師の治療を受けてください。

主なアレルギー反応

  • じんま疹
  • 呼吸困難
  • 顔、唇、舌、のどの腫れ

副作用詳細

アスランスは必要な効果に加えて望ましくない効果を引き起こす可能性があります。服用によって以下の副作用のすべてが発生するわけではありませんが、発生した場合には医師の診察が必要になる場合があります。

以下の副作用については体が薬に順応してくるため通常は医師の診察を必要としません。ただし、気になる場合には医師に相談することにより予防・軽減についてのアドバイスを得られる場合があります。

一般的な副作用

  • 顔面、頸部、腕、胸部上部の熱感および発赤
  • くしゃみ
  • 鼻づまりの症状

まれに起こる副作用

  • 射精障害
  • 腹痛
  • 視界異常
  • 胸焼け、胃酸過多
  • 背部痛
  • げっぷ
  • 鼻血
  • 体の痛み
  • 胸や胃の焼けるような感じ
  • 灼熱感、かゆみ、しびれ、チクチク感
  • 色覚の変化
  • 視力変化
  • 目の充血
  • 下痢
  • 夜間の視力障害
  • 動きにくくなる
  • 嚥下困難
  • かすみ目
  • ドライマウス
  • 喉の乾燥や痛み
  • 過度の筋緊張
  • 眼痛
  • 顔面腫脹
  • 動悸
  • 不快感または病気の一般的な感覚
  • 声の枯れ
  • 日光に対する眼の感受性の増大
  • 消化不良
  • 関節痛
  • 力が入らない、脱力感
  • 食欲不振
  • 筋肉痛
  • 筋けいれん
  • 筋硬直
  • 筋肉の緊張
  • 頸部痛
  • 喉の痛みや灼熱感
  • 鼻水
  • くらくら感
  • 震え
  • 眠気
  • のどの痛み
  • 口唇、舌、または口腔内のただれ、潰瘍、または白い斑点
  • 胃の不快感、不快感、または痛み
  • 関節の腫れ
  • 頸部リンパ腺の圧痛と腫脹
  • 胃部の圧痛
  • 睡眠障害
  • 声の変化
  • 涙目

シルデナフィルの服用中に以下の副作用のいずれかが発生した場合には、ただちに医師に相談してください。

あまり一般的でない副作用

  • 膀胱痛
  • 胸や胃の焼けるような感じ
  • 灼熱感、かゆみ、しびれ、チクチクする感覚
  • 濁った尿や血尿
  • 目まい
  • 頻尿
  • 消化不良
  • 排尿痛
  • 極度な胃の不調
  • 胃部の圧痛

まれに起こる副作用

  • 視力異常
  • 激しい不安感
  • 酩酊に似た行動変化
  • 眼出血
  • 極度のかすみ目
  • 骨痛
  • 乳房肥大
  • 胸痛
  • 悪寒
  • 冷や汗
  • 激しい目まい
  • 痙攣(発作)
  • 皮膚蒼白
  • 難聴
  • 尿の量または排尿の頻度の減少
  • 視力低下
  • 集中できなくなる
  • 特に横になっていたり座っている姿勢から突然起きるときに起こる目まい、ふらつき
  • 物が二重に見える(複視)
  • 眠気
  • ドライアイ
  • ドライマウス
  • 皮膚の乾燥、発赤、鱗屑、剥離
  • 過度の空腹
  • 眼痛
  • 失神
  • 激しい動悸
  • 目の中の違和感
  • 激しい発熱や悪寒
  • 激しい頭痛
  • 瞳孔の大きさの増大
  • 発汗増加
  • 喉の渇きの増大
  • 腰やわき腹の痛み
  • 片頭痛
  • 激しい吐き気
  • 悪夢
  • 手のしびれ
  • 痛みや腫れを伴う関節
  • 痛みを伴う長時間の陰茎勃起
  • 眼の充血、灼熱感、腫れ
  • 目の充血、かゆみ、涙目
  • 不眠症
  • 通常とは違った色合いで物が見える
  • 光の感受性に対して敏感になる
  • 震え
  • 腫脹を伴う皮膚病変
  • 発疹、じんましん、かゆみ
  • 皮膚潰瘍
  • ろれつが回らない
  • のどの痛み
  • 突然の脱力
  • 顔面、手、足、下肢の腫脹
  • 呼吸困難
  • 筋肉のけいれん
  • 皮膚が焼けるような、または刺すような異常な感覚
  • 異常な疲労や脱力
  • 視力変化
  • 一時的な視力障害

発生率は不明

  • 難聴

相互作用

リオシグアト(アデムパス)など肺動脈性肺高血圧症の治療薬をすでに服用している場合、またはシルデナフィルにアレルギーがある場合にはアスランスを服用しないでください。

また、胸痛や心臓病治療のための硝酸剤とシルデナフィルを一緒に服用すると、急激な低血圧状態となりショック症状を起こす場合があります。硝酸剤はニトログリセリン、硝酸イソソルビド、一硝酸イソソルビドが含まれるほか、亜硝酸アミルも該当します。

医師に相談する必要がある薬

  • 高血圧または前立腺障害の治療薬
  • 抗真菌薬(ケトコナゾールまたはイトラコナゾール)
  • HIV/エイズの治療薬(リトナビルなど)

その他にも、シルデナフィルとの相互作用を引き起こす成分は処方薬や市販薬からビタミン、ハーブ製品に至るまで数多くあり、その全てについて列挙しているわけではないためご注意ください。

禁忌

シルデナフィルにアレルギーがある場合は使用しないでください。また、リオシグアト(アデムパス)など、肺動脈性肺高血圧症を治療するために他の薬を服用している場合も同様です。

加えて、胸の痛みや心臓の問題で硝酸剤を使用している場合にも、この薬を服用しないでください。一緒にシルデナフィルを服用することで、血圧が突然深刻に低下する可能性があります。
これには、ニトログリセリンや二硝酸イソソルビド、一硝酸イソソルビドが含まれます。また、硝酸塩は亜硝酸アミルまたは亜硝酸塩などにも含まれています。

また、アスランスの服用による安全性を確認するため、過去に以下の疾患がある場合は医師に伝えてください。

以下の既往歴がある場合

  • 心臓の問題(胸痛、不整脈、心臓発作)
  • 高血圧または低血圧
  • 血液循環の問題(血行障害)
  • 網膜色素変性症(目の遺伝性疾患)
  • 片目または両目の失明
  • 出血の問題
  • 胃潰瘍
  • 肺静脈閉塞症(PVOD)
  • 肝臓または腎臓病
  • 鎌状赤血球症、多発性骨髄腫、白血病などの血球障害
  • 陰茎の物理的変形(ペイロニー病など)
  • その他、健康上の理由で性交をするべきではないと言われた場合

シルデナフィルには、目の視神経への血流を減少させて突然の視力低下を引き起こす可能性がわかっています。これはシルデナフィルを服用する少数の人に起こり、ほとんどが心臓病、糖尿病、高血圧、高コレステロール、または以前から特定の眼の問題を抱えていたことがわかっています。また、喫煙者や50歳以上の人にも起こり得ます。
しかし、この薬が実際に視力障害の原因であるかどうかは不明です。

また、絶対必要でない限りは妊娠していたり妊娠する予定がある場合は服用するべきではありません。もし、肺動脈性肺高血圧症の女性の場合は必ず医師にシルデナフィルの服用について相談してください。

服用したシルデナフィルが母乳中に移行するかどうか、授乳中の乳児に害を及ぼす可能性についてはいずれも不明のため、授乳中の場合は医師にその旨を伝えて服用について相談してください。

また、18歳未満の方の場合では医師の診断なしに薬を服用することはやめてください。

よくある質問

Q.アスランスは複数錠を1度に飲むことはできますか?
A.いいえ、アスランスの用法用量は「シルデナフィル20mgを1日に4~6時間の間隔で投与」となるため、十分な勃起の効果が得られないからと言って複数錠を一度に服用することは推奨できません。
そのようなケースでは、シルデナフィル含有量の多いED治療薬をご検討ください。
Q.錠剤の色がバイアグラと違い青色ではなく白色ですが、本当に効果がある本物ですか?
A.バイアグラの青色は青色2号による着色によるものでスハグラの有効成分シルデナフィルは本来白色の結晶性粉末です。そのため、白色であってもバイアグラと同じ有効成分が同量含まれている以上、効果は先発薬と遜色ありません。
Q.アスランスに依存性はありますか?
A.アスランス(シルデナフィル)は習慣を形成するような傾向は報告されておらず、一般的には安全に使用できるものです。