水虫、カンジダetc…症状別ラミシールとニゾラールの効果の違いと使い分け

水虫、カンジダetc…症状別ラミシールとニゾラールの効果の違いと使い分け

ラミシールとニゾラールは水虫、カンジダ、脂漏性皮膚炎などあらゆるカビ菌(真菌)由来の症状に効く便利な薬です。

…が、それぞれに塗り薬と飲み薬があってタイプも様々なのでどの症状にどのタイプが最適なのか迷われる方も多いのではないでしょうか。

ということで、今回はラミシールとニゾラールの効果の違いや使い分けについて解説いたします。

ラミシールとニゾラールの違いは

ラミシールとニゾラールはどちらも水虫(白癬菌)やカンジダといった真菌(カビ菌)の治療に用いられる医薬品で、どちらも菌の細胞膜を破壊して殺菌してくれる作用をもつ便利な薬です。

菌について効く仕組みはどちらも似ているのですが、効果には若干違いがありそれぞれざっくり説明すると以下の通り。

水虫カンジダ脂漏性皮膚炎
ラミシール
ニゾラール

ラミシールは特に水虫の原因となる白癬菌に対して良く効く薬で、手足の水虫なら塗り薬、爪の水虫なら飲み薬でしっかり効果を発揮してくれます。

一方ニゾラールは水虫に有効なのに加えて、カンジダ菌(カンジダ)やマラセチア・フルフル(脂漏性皮膚炎)といった菌が由来の症状にもしっかり効いてくれる幅広い効果が特徴です。

では、実際の薬の使い分けはどうなるのかと言うと…?

手・足白癬(水虫)の場合

手や足の水虫の場合は爪の中にまで感染していない軽度な状態なので、基本的に塗り薬を2~3ヶ月ほど使うだけでしっかり改善できます。薬は塗り薬のラミシールやニゾラールの他にも

  • ルリコン
  • アスタット
  • ペキロン

など種類はいろいろありますが、どれも治療効果は非常に高いので効果・副作用の出方を見ながら体質に合った薬を使うので問題ありません。

ラミシールジェネリック・テルビシップクリーム

テルビシップクリーム1%10ml(terbicip cream)ラミシールジェネリック

テルビシップクリームは、シプラ社が製造・販売する水虫(白癬菌)や脂漏性皮膚炎など真菌感染症の治療薬です。

先発薬のラミシールと同じ有効成分テルビナフィンを含むジェネリック薬で、真菌を死滅させ足白癬や手白癬の症状を抑えます。

ちなみに、水虫は白癬菌というカビ(真菌)の一種が原因で起こる病気で代表的な症状は皮むけですが、間違いがちなのは皮むけが起きている=水虫とは限らないということです。

なお、水虫かどうかの判定は皮膚科医でも検査で菌を採取して初めてわかるもので、自己判断で水虫だろうと勝手に薬を服用すると逆に症状が悪化してしまう可能性もあるのでご注意を。

爪白癬(水虫)の場合

手や足の水虫を放っておいたり治療が不十分だと菌が爪の内部にまで移り、中~重度の状態となります。

この場合は爪の内側にまで白癬菌が入り込んでいる状態なので塗り薬では有効成分が届かなくなるので治療の第一選択は塗り薬ではなく飲み薬のラミシールへと変わります。

また、爪が完全に生え変わるまでは1~2年ほどかかるので必然的に治療期間も1~2年となり根気よく気長な治療が必要となってきます。

強力に効く飲むラミシール・ファンゴテック

ファンゴテック250mg(fungotek)ラミシールジェネリック

ファンゴテックは、FDC社が製造・販売する水虫(白癬菌)、カンジダなど真菌感染症の治療薬です。

先発薬のラミシールと同じ有効成分テルビナフィンを含むジェネリック薬で、内服タイプなので塗り薬よりも強力な効果で真菌を死滅させます。

難治性の場合や爪白癬など塗り薬が患部まで届かないような場合で非常に有効です。

カンジダの場合

一方、カンジダは誰でも保菌しているような常在菌で発病することもほとんどありませんが、人によりいくつかの条件が重なったりすると発病することがあります。

膣カンジダの治療は主に塗り薬としてのラミシールやニゾラールが中心になります。

ただし、難治性・広範囲だったりカンジダ性爪囲爪炎、口腔カンジダ症の場合ではより強力なダイフルカンなどの飲み薬が必要となります。

膣カンジダ治療薬・フォルカン

フォルカン50mg/150mg/200m(forcan)ダイフルカンジェネリック

フォルカンは、シプラ社が製造・販売する真菌感染症の治療薬です。

先発薬のダイフルカン(ジフルカン)と同じ有効成分フルコナゾールを含むジェネリック薬で、真菌を死滅させカンジダやインキンの症状を抑えます。

治療期間は症状の部位や程度により異なりますが概ね2週間~数ヶ月程度が目安。

カンジダは繰り返し再発しやすい病気でもあるので、しっかり防ぐためには

  • 丁寧な歯磨きを心がける
  • 患部を清潔に保つ
  • 患部をしっかり乾燥させる
  • 食事・睡眠・運動など生活習慣を改善

といった心がけも大切になります。

脂漏性皮膚炎の場合

脂漏性皮膚炎の原因は実は明らかになっていませんが、マラセチア・フルフルという真菌が関与しているとされラミシールやニゾラールといった塗る真菌治療薬が有効です。

日本では適応はニゾラールのみとなっていますが、実は臨床試験の結果ではラミシールの方も有効性が明らかになっていてどちらも治療に用いることができます。

ニゾラールジェネリック・ニゾラルクリーム

ニゾラルクリーム2%15gm(nizral cream)

ニゾラルクリームは、ヤンセンファーマ社が製造・販売する水虫、カンジダ、脂漏性皮膚炎など真菌感染症の治療薬です。

先発薬のニゾラールと同じ有効成分ケトコナゾールを含むジェネリック薬で、真菌を死滅させカンジダや水虫(白癬)の症状を抑えます。

今回紹介した医薬品一覧

最後にもう一言だけ…

このように水虫は放置しておくと手に足に、爪に、頭皮に…とどんどん感染部位が広がり悪化していく上に治療期間も年単位で伸びていきます。

なので、水虫は手足の表面だけに症状が現れている「早期のうちにいかにしっかり完治できるか」が非常に大事なんですね。

特に爪が白く濁ったり、厚くなったり、もろくボロボロした感じになっているなと感じるようなら要注意、爪に移行している可能性があるのでただちに検査・治療をはじめるのをおすすめします。

塗り薬から飲み薬まで取り揃え

あわせて読みたい