骨、ふくらはぎ、関節の痛みが…クレストールの気になる副作用と軽減の対処法は

骨、ふくらはぎ、関節の痛みが…クレストールの気になる副作用と軽減の対処法は

リピトールに負けない利尿作用と副作用の少なさで現在は脂質異常法の処方としては1位の人気を誇るクレストール(ロスバスタチン)。

しかし、いくら副作用の少ない薬と言っても人によっては体質や病気の関係で残念ながら症状が強めに現れてしまう方もいらっしゃいます。

果たしてこの副作用は軽減したり改善したりすることは可能なものなのでしょうか。

飲むだけでLDLを下げてHDLを上げる

クレストールは血液中の悪玉コレステロール(LDL)を強力に下げる作用に加えて善玉コレステロール(HDL)を増やしたり中性脂肪を下げたりする効果もある非常に便利な薬です。

リピトールをはじめとしたいわゆるスタチン系の薬の中では一番新しく従来の薬と違って

  • 悪玉コレステロールに強力に作用
  • 副作用が少ない
  • 他の薬との相互作用も少ない

といった点が特徴。言わばリピトールの上位互換的な存在となっています。

これって副作用?体の節々が痛い…

しかし、そんなクレストールも副作用がまったくないというわけではなく人によっては面倒な症状が現れることもあります。

特に多いのは筋肉や骨、関節の痛みで臨床試験のデータによると…

症状発生率
筋肉痛3.19%
関節痛0.88%

など、低確率ながらも起こりうる旨が記載されています。

とはいえ3%の割にはSNSを見る限り悩んでいる方も多いようで実際の例を見てみると…

メアリー@nokanzo
筋肉と関節痛いのクレストール増やしてからかなと思ったのでした。痛い人いないのかな?
午後2:26 · 2021年3月31日
たけ@e_takezo
レストール2.5🙄
全身の筋肉痛が副作用に有ります。
もう何年飲んでるだろ?🤔
午前10:26 · 2021年7月13日
冷やし昆布@deccaime
スタチン出してる人が薬貰うとき薬剤師さんに「副作用で筋肉痛が出ます」って言われて「そういえば最近肩が痛い」とか言ってくるノセボ何とかして。CK上がってないしスタチンのせいじゃないから。
午前8:02 · 2020年12月23日
Blíðfinnur@kkkkkkooookk
これ、何ともわからないのですがCK上がってても筋肉痛の出ない人もいっぱちいますし、おっしゃる通りCK正常でも謎の筋肉痛を訴えることもあって。
僕はそういう人、因果関係が否定できないので、クレストール10mgとかで余程強烈に下げなくてはいけない人でない限りは訴えが出てきたら変えちゃいます。
午前8:14 · 2020年12月23日

とのこと。

普通こういった副作用は服用を続けていくと軽減されるものだったりもしますがそういったこともなく…。

果たしてこの副作用を軽減する方法はあるものなのでしょうか?

副作用への対処法はあるのか

基本的には対処療法の対処療法になってしまうのですが、まだ研究段階ながらこれらの痛みはコエンザイムQ10で改善される可能性が指摘されています。

これは最新の研究で明らかになりつつあるもので

スタチンは血中のコエンザイムQ10(CoQ10)濃度を低下させ、それが筋肉痛や肝機能異常の原因になる可能性が指摘されている。金沢大学大学院臓器機能制御学の川尻剛照氏らは、スタチン投与を受けている高コレステロール血症患者にCoQ10を投与すると、脂質パラメータに影響を与えることなく血漿CoQ10濃度を高められることを、7月15日から札幌市で開催されていた日本動脈硬化学会(JAS2011)で報告した。

と報告されています。

実際すでに服用している方も効果を体感しているようで

しのてつ。@chopper8111362
クレストール飲みだして全身倦怠感がすげえ….ということでコエンザイム飲んだら..なおった…。生理学薬理学を体感….(´・ω・)
午後10:44 · 2014年6月27日
ひので🌅アンチエイジングの実践と検証!@hinoderyuzin888
コレステロールのお薬を飲んでる方へ

「〇〇スタチン」って成分の薬を飲んでる方は

コエンザイムQをお勧めする。

体の中でそれができるのをスタチン系の薬剤は邪魔するから

僕もロスバスタチンってのを飲んでるけど
還元型コエンザイムQを毎日朝夕に100mgずつ飲んでます。

ご検討ください😉
午後8:30 · 2021年5月8日
じん@ダイエット専門薬剤師@kanriyakuzaishi
✅アトルバスタチン
✅プラバススタチン
✅ロスバスタチン

等はスタチン系と呼ばれる脂質異常症の薬

これらを飲んで動悸や倦怠感が出た場合は、コエンザイムQ10の産生が阻害されている可能性があり
コエンザイムQ10のサプリで改善する場合があるが、まずは主治医に相談を
午後9:45 · 2020年8月8日

と口コミも広がっているようです。

ただし、CK値や血中・尿中のミオグロビン値の上昇が見られる場合は重大な副作用である横紋筋融解症の可能性も出てくるので直ちに医師の治療を受けた方が良いでしょう。

横紋筋融解症とは

横紋筋融解症は筋肉を作る骨格筋細胞の融解や壊死が起こる症状のことで、クレストールをはじめスタチン系の薬全般に見られる重篤な副作用として知られています。

頻度自体は横紋筋融解症が発生する確率は0.01%程度と報告されていて、リスク自体は非常に低いことが明らかになっているので基本的には心配の必要はありません。

しかし、今抱えている疾患や飲んでいる薬との飲み合わせによっては横紋筋融解症の発生率を高めてしまうこともあるので注意が必要です。

特に高齢の方は何かしらの薬を飲んでいることが多いでしょうから、そういったケースでは必ず医師に相談して安全性を確認した上で服用するようにした方が良いでしょう。

  • 飲み合わせの悪い薬
    シクロスポリンなど
  • 飲み合わせに注意
    フィブラート系薬、ニコチン酸、アゾール系抗真菌薬、マクロライド系抗生物質、ワルファリン、胃薬、ロピナビル・リトナビル、アタザナビル、ダルナビル、リトナビル、グレカプレビル・ピブレンタスビル、ダクラタスビル、アスナプレビル、シメプレビル、ソホスブビル・ベルパタスビル、ダロルタミド、レゴラフェニブなど
  • アルコール類
    肝臓や横紋筋融解症の副作用を出やすくするため飲酒は控えめにしてください。大量のアルコールはNGです。

最後にもう一言だけ…

クレストールをはじめとしたスタチン系の薬は飲むだけで悪玉コレステロール値(LDL)を下げてくれる便利な薬ですが、低確率ながらリスクがあるのも事実です。

骨、ふくらはぎ、関節の痛みももちろんですがもし気になる副作用が出る場合は医師に相談するようにしましょう。

あわせて読みたい