ウィノラップ5mg(Winolap)アレロックジェネリック

winolap

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

評価
4.3
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:winolap
ウィノラップ5mg(Winolap)アレロックジェネリック
ウィノラップ5mg(Winolap) 100錠
在庫あり
12%OFF ¥6,200 ¥5,480
数量100錠
ウィノラップ5mg(Winolap) 300錠【送料無料】
在庫あり
25%OFF ¥18,600 ¥13,980
数量300錠
ウィノラップ5mg(Winolap) 500錠【送料無料】
在庫あり
29%OFF ¥31,000 ¥21,980
数量500錠

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

この薬と同じ成分の医薬品は見つかりませんでした。お手数ですが、以下のボタンより類似薬をお探しください。

ウィノラップの詳細

ウィノラップとは

医薬品名
ウィノラップ(Winolap)
メーカー
サンファーマ(Sun Pharma Laboratories Ltd.)
有効成分
オロパタジン塩酸塩(Olopatadine Hydrochloride)
効果・効能
アレルギー性鼻炎/蕁麻疹/湿疹・皮膚炎/痒疹/皮膚そう痒症
剤形
錠剤(tablet)
  1. 強い効き目が特徴 第2世代抗ヒスタミン薬の中でも比較的強めの効き目で、花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎、ダニやハウスダストによる通年性アレルギー性鼻炎、じんま疹、湿疹のかゆみを改善します。
  2. 蕁麻疹で80%、鼻閉で70%以上の高い改善率 臨床試験では特に蕁麻疹や鼻詰まりに対して高い有効性があることが分かっています。
  3. 安心の大手製薬会社 アメリカをはじめカナダ、ヨーロッパといった各先進国で医薬品を製造・販売するサンファーマ社の製品で、確かな品質・安全性を誇ります。

ウィノラップは、第2世代抗ヒスタミン薬に分類され花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎、ダニやハウスダストによる通年性アレルギー性鼻炎、じんま疹、湿疹の症状改善に効果が期待できる医薬品です。

有効成分のオロパタジンがアレルギー症状の原因となるヒスタミンがヒスタミン受容体と結合するのを遮断することで辛い症状を緩和します。

ウィノラップは比較的強めの効果が特徴で、特に蕁麻疹や鼻詰まり(鼻閉)に対して高い効果を発揮します。

ただし、効果が強い分眠気の副作用が出やすい点は注意が必要です。

製造元の製造元のサンファーマ社はインドのムンバイに本社を置く製薬会社で、アメリカをはじめカナダ、ヨーロッパといった各先進国で医薬品を製造・販売しています。
日本ではあまり名前が知られていませんが、日本法人をもち日本の厚生労働省にも医薬品承認を受けるなど高い製薬技術を有するため同社の製品は安心して使用することができます。


アレルギーの発症は、ヒスタミンの過剰な働きが原因とされています。

ヒスタミンは普段、肥満細胞や好塩基性白血球に蓄えられています。しかし、アレルギーの原因物質が体内に侵入すると活性化し、細胞から放出されます。 放出されたヒスタミンはヒスタミンH1受容体というタンパク質と結合し、眼や鼻の神経や血管を刺激します。 これによって、くしゃみや鼻水、眼のかゆみ、皮膚のかゆみなどの症状が起こります。

ウィノラップの有効成分のオロパタジンは、このヒスタミン受容体を遮断することでアレルギー症状を改善する作用があります。

ただし、効果は比較的強めなので眠気の副作用が出やすい点には注意が必要です。

ウィノラップ服用中は車など危険を伴う運転操作は控えるようにしてください。

効果・効能

ウィノラップは第2世代抗ヒスタミン薬アレロックと同じ有効成分オロパタジンを含有するジェネリック医薬品です。

オロパタジンはアレルギー症状の原因となるヒスタミンがヒスタミン受容体に結合するのを阻害することでアレルギー反応を抑える働きがあります。

これによって、花粉症や蕁麻疹、湿疹などの症状を緩和する効果が期待できます。

第2世代抗ヒスタミン薬は第1世代に比べて、口の渇きや排尿障害などの抗コリン作用や眠気の副作用が軽減されています。


ウィノラップの有効成分のオロパタジンは以下の3つの作用によってアレルギー症状を和らげます。

  1. 選択的ヒスタミンH1受容体拮抗作用
    アレルギー症状の原因となるヒスタミンとヒスタミン受容体の結合を阻害します。すでに現れている鼻水やくしゃみなどの症状を緩和する作用があります。
  2. 各種ケミカルメディエーター遊離抑制作用
  3. アレルギー発症の原因となるトロンボキサンやロイコトリエンなどの伝達物質の放出を元から止める作用があり、アレルギー反応を起こりにくくする効果が期待できます。
  4. タキキニン遊離抑制作用
    アレルギー性疾患の発症・増悪に関与する物質を抑えることでアレルギー反応の悪化を防ぎます。

飲み方・使い方

ウィノラップは1回5㎎を朝と就寝前の1日2回水かぬるま湯で服用してください。

季節性のアレルギー性鼻炎に対しては、症状が出始める時期の直前から服用を開始し、その季節が終わるまで服用を続けることが推奨されています。

薬は常温保存が可能ですが、高温多湿と直射日光を避けてください。
また、子供やペットがいる場合は事故を防ぐため手の届かない場所で保管してください。

副作用

ウィノラップの有効成分オロパタジンは、服用によって副作用を引き起こす場合があります。

以下の副作用は一般的で特に医師の診察を必要としませんが、症状が気になる場合は医師にご相談ください。

一般的な副作用
  • 眠気

ただし、服用によって以下の副作用が見られる場合は、ただちに薬の使用を中止し医師の治療を受けてください。

アレルギー反応
  • 紅斑などの発疹
  • 浮腫(顔面・四肢など)
  • そう痒
  • 呼吸困難

バルデナフィル塩酸塩水和物とダポキセチン塩酸塩は、服用により以下の副作用が発生する可能性があります。通常は作用(効果)とともに副作用も薄れるため医師の治療は不要です。

しかし、副作用が収まらなかったり症状が厄介な場合は医師に相談してください。

あまり一般的でない
  • 倦怠感
  • 口渇
  • 頭痛・頭重感
  • めまい
  • 腹部不快感
  • 腹痛
  • 下痢
  • 嘔気
  • 肝機能異常(ALT、AST、LDH、γ-GTP、Al-P、総ビリルビン上昇)
  • 白血球増多
  • 好酸球増多
  • リンパ球減少
  • 尿潜血
  • 血清コレステロール上昇
まれに起こる副作用
  • 集中力低下
  • しびれ感
  • 便秘
  • 口内炎・口角炎・舌痛
  • 胸やけ
  • 食欲亢進
  • 白血球減少
  • 血小板減少
  • BUN上昇
  • 尿蛋白陽性
  • 血中クレアチニン上昇
  • 頻尿
  • 排尿困難
  • 動悸
  • 血圧上昇
  • 尿糖陽性
  • 胸部不快感
  • 味覚異常
  • 体重増加
  • ほてり

また、薬の服用により副作用の中でも特に以下の症状が発生する場合はすぐに医師の治療を受けてください。

発生頻度不明の副作用
  • 不随意運動(顔面・四肢など)
  • 嘔吐
  • 月経異常
  • 筋肉痛
  • 関節痛

相互作用

ウィノラップが他の薬剤と相互作用を引き起こす可能性は低いです。

ただし、相互作用を引き起こす可能性は処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多く考えられますのでご注意ください。

禁忌・注意点

ウィノラップの成分に対しアレルギーがある場合は使用できません。

医師に確認が必要な既往歴・症状
  • 心長期ステロイド療法を受けている
  • 腎機能障害
  • 肝機能障害
  • 妊娠中・授乳中
  • 小児(7歳未満)
  • 高齢者

眠気を催すことがあるのでウィノラップ服用中は自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。

よくある質問

Q.眠くなりやすいですか?
A.はい。比較的効果が強い薬のため眠くなりやすいです。そのため、服用中は車などの運転は控えてください。
Q.いつ飲めば良いですか?
A.1回1錠を朝と就寝前の1日2回服用してください。
Q.花粉症の季節は毎日服用しても問題ないですか?
A.ウィノラップのような第2世代抗ヒスタミン薬は2~4週間継続して服用することで効果が徐々に現れるため、花粉症シーズン中であれば毎日服用しても問題ないとされています。