フルナーゼ点鼻薬50mcg(Flixonase Aqueous nasal spray)

flixonase-aqueous-nasal-spray

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

医薬品の関する説明は製薬会社の添付文書などから抜粋しています。
評価
4.7
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:flixonase-aqueous-nasal-spray
フルナーゼ点鼻薬50mcg(Flixonase Aqueous nasal spray)
フルナーゼ点鼻薬50mcg(Flixonase Aqueous nasal spray) 1本
入荷待ち
16%OFF ¥4,500 ¥3,780
Sold Out
フルナーゼ点鼻薬50mcg(Flixonase Aqueous nasal spray) 3本
入荷待ち
46%OFF ¥13,500 ¥7,280
Sold Out
フルナーゼ点鼻薬50mcg(Flixonase Aqueous nasal spray) 5本【送料無料】
入荷待ち
43%OFF ¥22,500 ¥12,880
Sold Out

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

この薬と同じ成分の医薬品は見つかりませんでした。お手数ですが、以下のボタンより類似薬をお探しください。

フルナーゼ点鼻薬の詳細

フルナーゼ点鼻薬とは

医薬品名
フルナーゼ点鼻薬(Flixonase Aqueous Nasal Spray)
メーカー
グラクソスミスクライン(GlaxoSmithKline)
有効成分
フルチカゾンプロピオン酸エステル(Fluticasone Propionate)
効果・効能
アレルギー性鼻炎/血管運動性鼻炎
剤形
スプレー(Spray)
  1. 鼻づまり、鼻水、くしゃみに 鼻に直接スプレーすることで、内服薬では効きにくい鼻づまりや鼻水、くしゃみなどのアレルギー症状を改善する効果が期待できます。
  2. 副作用が少なく使いやすい 鼻に直接的に作用するため全身性の副作用のリスクはほとんどなく、有効成分のフルチカゾンはもし全身に吸収されても分解されやすいという特徴があります。
  3. 安心の大手製薬会社の製品 世界的製薬会社のグラクソスミスクライン社が製造を手がける先発薬のため初めての方でも安心して使用できます。

フルナーゼ点鼻薬は花粉症によるアレルギー性鼻炎、寒暖差による血管運動性鼻炎に対する治療薬です。

副腎皮質ホルモン(ステロイド)であるフルチカゾンプロピオン酸エステルを有効成分に含む点鼻薬で、鼻にスプレーすることで鼻づまり、鼻水、くしゃみなどの症状をダイレクトに抑えます。

有効成分のフルチカゾンはアンテドラッグステロイドで、局所で優れた効果を発揮するため比較的即効性が高く1~3日で効果が出るとされています。
一方、体内では分解されやすい成分のため全身性の副作用リスクが低く抑えられています。

製造元のGSK(グラクソスミスクライン)社はイギリスのロンドンに本社を置く製薬会社です。マラリア、結核、HIV/AIDSをはじめとする感染症の新薬研究開発を行うなど世界的にもトップレベルの技術を有する実績と信頼のある企業です。


抗体である花粉が鼻粘膜に付着すると体内に抗体が作られ、一定量を超えると体内で化学伝達物質が放出され血管や神経を刺激することで花粉症のアレルギー症状を引き起こします。

フルナーゼ点鼻薬の有効成分フルチカゾンプロピオン酸エステルはアレルギーや炎症を抑える強い作用があります。

これによって鼻水やくしゃみを抑えるとともに、特に花粉症の内服薬では効きにくい鼻づまりに対して優れた効果を発揮します。

効果・効能

フルナーゼ点鼻薬の有効成分フルチカゾンプロピオン酸エステルはステロイドの一種で花粉症による鼻の不快な症状を改善する効果が期待できます。

フルチカゾンは細胞内のグルココルチコイド受容体と結合することで炎症やタンパク質合成を抑制し強力な抗炎症作用を発揮します。

これにより鼻水やくしゃみを抑えるとともに、特に花粉症の内服薬では効きにくい鼻づまりに対しても高い効果が期待できます。

局所的に作用するため全身性の副作用が起こるリスクはとても低く、眠くなる心配もないため使い勝手の良い点鼻薬になっています。


有効成分フルチカゾンプロピオン酸エステルは、標的細胞の細胞質内に存在するグルココルチコイド受容体)と結合して2量体を形成して核内に移行し、炎症性サイトカイン、細胞接着分子などのタンパク合成を抑制することにより強力な抗炎症作用を発揮します。

飲み方・使い方

フルナーゼ点鼻薬は、1回各鼻腔に1噴霧(50μg)を1日2回使用してください。

症状に応じて増減できますが、1日の最大量は8噴霧(400μg)までです。

花粉症などの季節性のアレルギー性鼻炎に対して使用する場合は症状が出始める前~抗原との接触がなくなるまで使用を継続することが推奨されています。

薬はなるべく湿気や熱、日光を避けて常温保存してください。また、誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

フルナーゼ点鼻薬は、服用により副作用を引き起こす場合があります。
以下は一般的な副作用で特に医師の治療も必要としませんが、程度が気になる場合は医師に相談してください。

主な副作用
  • 鼻症状(刺激感、疼痛、乾燥感)
  • 鼻出血
  • 不快な臭い
  • 鼻中隔穿孔
  • 鼻潰瘍
  • のどの刺激感や乾燥感
  • 不快な味がする
  • 頭痛
  • 振戦
  • 睡眠障害
  • 眼圧上昇

ただし、服用後に以下の副作用が現れる場合はただちに使用を中止し医師の治療を受けてください。

治療が必要な症状
  • アナフィラキシー
アレルギー反応
  • 発疹
  • 浮腫

相互作用

リトナビルなどCYP3A4阻害作用を有する薬剤を使用している方はフルナーゼ点鼻薬使用に注意が必要です。必ず事前に医師に安全性をご確認ください。

その他にも、フルナーゼ点鼻薬と相互作用を引き起こす成分は処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が挙げられます。
これらの相互作用はあくまで代表的なもののみで全てについて列挙しているわけではありませんのでご注意ください。

禁忌・注意点

フルナーゼ点鼻薬に含まれる成分対してアレルギーがある、有効な抗菌材の存在しない感染症や全身の真菌症の場合は使用できません。

また、以下に該当する場合は、必ず医師にご相談の上服用してください。

服用に注意が必要なケース
  • 鼻咽喉感染症
  • 反復性鼻出血
  • 高齢者
  • 妊娠中・授乳中
  • 小児

長期または大量の全身性ステロイド療法を受けている方は副腎皮質機能不全が起こるおそれがあるため副腎皮質機能検査を行うなど使用には十分注意してください。

可能性は低いものの、クッシング症候群、クッシング様症状、副腎皮質機能抑制、小児の成長遅延、骨密度の低下、白内障、緑内障、中心性漿液性網脈絡膜症などの全身性の副作用が発現する可能性があります。 特に長期間、大量投与の場合には定期的に検査を行い、全身性の作用が認められた場合にはただちに医師の診察を受けてください。

よくある質問

Q.眠くなることはありますが?
A.いいえ。フルナーゼ点鼻薬には眠くなる成分は含まれていません。
Q.1本でどれくらいの期間使用できますか?
A.フルナーゼ点鼻薬は1本で120回使用できます。
Q.フルナーゼ点鼻薬はステロイド剤ですか?
A.はい。有効成分のフルチカゾンプロピオン酸エステルはステロイドに分類されます。