トリルーマ3in1クリーム4%+0.05%+0.01% 15gm(Triluma Cream)

triluma-cream

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

医薬品の関する説明は製薬会社の添付文書などから抜粋しています。
評価
4.3
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:triluma-cream
トリルーマ3in1クリーム4%+0.05%+0.01% 15gm(Triluma Cream)
トリルーマ3in1クリーム4%+0.05%+0.01% 15gm(Triluma Cream) 1本
在庫あり
9%OFF ¥6,600 ¥5,980
数量1本
トリルーマ3in1クリーム4%+0.05%+0.01% 15gm(Triluma Cream) 3本
在庫あり
16%OFF ¥19,800 ¥16,580
数量3本
トリルーマ3in1クリーム4%+0.05%+0.01% 15gm(Triluma Cream) 5本
在庫あり
23%OFF ¥33,000 ¥25,280
数量5本

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

この薬と同じ成分の医薬品は見つかりませんでした。お手数ですが、以下のボタンより類似薬をお探しください。

トリルーマ3in1クリームの詳細

トリルーマ3in1クリームとは

医薬品名
トリルーマ3in1クリーム(Triluma Cream)
メーカー
ガルディルマ(GALDERMA India Pvt Ltd)
有効成分
フルオシノロンアセトニド(Fluocinolone Acetonide)/トレチノイン(Tretinoin)/ハイドロキノン(Hydroquinone)
効果・効能
シミ、シワ、くすみの改善
剤形
クリーム(cream)
  1. 肝斑に唯一のFDA承認薬 トリルーマ3in1クリームは中等度から重度の顔面肝斑に伴うシミの治療に使用できる唯一のFDA(アメリカ食品医薬品局)承認薬で、8週目までに77%の人で肝斑改善が認められています。
  2. オールインワンの美白クリーム 強力な美白作用のあるハイドロキノン、ターンオーバーを促進するトレチノイン、炎症を抑えるフルオシノロンアセトニドが一体になっているためこれ一つで気になる色素沈着撃退に効果が期待できます。
  3. 皮膚科のスペシャリスト 皮膚科に特化した医薬品の製造・販売を行うスイスのガルデルマ社が手掛ける製品で、高い品質と安全性を誇ります。

トリルーマ3in1クリームは肝斑やシミの治療に用いられる医薬品です。

有効成分にはハイドロキノン、トレチノイン、フルオシノロンアセトニドが配合されており、シミなどの黒ずみが気になる部分に塗ることでメラニンの生成を抑制して白い肌へと導きます。

トリルーマ3in1クリームは中等度から重度の顔面肝斑に伴うシミの出現軽減のために使用できる治療薬としてFDA(アメリカ食品医薬品局)から唯一承認を受けています。
臨床試験では8週目までに被験者の77%が肝斑が完全またはほぼ完全に消失したことが分かっているなど、特に肝斑に対して高い効果が期待できます。

製造元のガルデルマはスイスのローザンヌに本社を置く製薬会社で、皮膚科に特化した医薬品の製造・販売を行っているのが大きな特徴です。
高い製薬技術と豊富な臨床データにより同社が開発する医薬品は高価ながらも最も安全性の高い安心できる医薬品となっています。


リルーマ3in1クリームはハイドロキノン、トレチノイン、フルオシノロンアセトニドを組み合わせた美白クリームです。

ハイドロキノンは従来の美白成分の10~100倍もの美白効果があるとされており、メラニン色素を作るメラノサイトという細胞を減らすことでシミや肝斑の発生を予防します。また、予防だけではなく今あるシミに対しても改善効果が期待できます。

トレチノインは肌のターンオーバーを正常に整える作用があり、ターンオーバーの乱れによって溜まった色素沈着を外に排出する効果が期待できます。

このハイドロキノンとトレチノインを同時に使うことで肝斑やシミをより効率的に改善する効果が期待できます。

また、フルオシノロンアセトニドというステロイドも配合されているため、ハイドロキノンやトレチノイン特有の刺激を抑えながら治療することが可能になっています。

ただし、フルオシノロンアセトニドは上から3番目のストロングクラスのステロイドになるため長期使用は避けてください。

効果・効能

トリルーマ3in1クリームは皮膚の浅い部分のシミや色素沈着(肝斑、そばかす、炎症後色素沈着、日光黒子)に効果が期待できます。

有効成分にはハイドロキノン、トレチノイン、フルオシノロンアセトニドの3つの成分を配合しています。

  • ハイドロキノン
    「肌の漂白剤」と呼ばれるほど強力な美白作用があり、シミや肝斑の原因となるメラニン色素を作るメラノサイトという細胞を減らすことで色素沈着を改善する効果が期待できます。
    シミや肝斑を予防するとともに今あるシミ・肝斑に対してもアプローチします。
  • トレチノイン
    ビタミンAの誘導体で、肌の角質を剥がす作用があることからシミや肝斑などの色素沈着が排出されやすくなります。
    さらに、トレチノインは通常の化粧品では届かない真皮層にまで働きかけることでコラーゲンの生成促進や皮脂の分泌抑制にも役立ちます。
  • フルオシノロンアセトニド
    フルオシノロンアセトニドはステロイドで、皮膚の赤みや腫れ、かゆみなどの症状を抑える作用があるため、ハイドロキノンやトレチノインの刺激を和らげる効果が期待できます。

ハイドロキノン

ハイドロキノンはメラニン色素生合成経路の初期段階で関与するチロシナーゼ酵素を選択的に阻害、3,4-ジヒドロキシフェニルアラニン(DOPA)への変換を妨げます。
これによりメラニン色素産生が減少し色素沈着過剰や肝斑を改善します。

トレチノイン

トレチノインの正確な作用機序は不明ですが、毛包の異常な角化の修正がニキビ改善に寄与していると考えられています。
ニキビは過剰な角化上皮細胞を有する毛包内に形成されるものですが、トレチノインは角質細胞の剥離と毛包からの角質細胞の排出の促進、毛包上皮の分裂活性を増大させることにより角質細胞のターンオーバー速度を早めます。
これらの効果を通じてニキビの内容物が押し出されニキビの前駆病変である微小面皰の形成が減少するものです。

また、トレチノインには紫外線により損傷した皮膚を回復させる効果があり、メラニン粒子の分散とメラニン量の減少、角質層圧縮、真皮のコラーゲン産生促進、血管新生、残存角質の剥離、皮脂分泌の抑制などにより多くの肌トラブルを改善します。

飲み方・使い方

トリルーマ3in1クリームは寝る前に1日1回適量を薄く塗布してください。
塗布前後は手と皮膚をきれいに洗い乾かした上で使用し、塗布後は少なくとも1時間は塗布部位を洗ったり他のスキンケア製品の塗布もしないでください。

研磨剤入りのクレンザー、スクラブ、ピーリング剤など、肌を乾燥させたり刺激を与えたりする可能性のある製品は避けてください。

使用により紫外線の影響を受けやすくなるため夜のみの使用にとどめ、日中は必ず日焼け止めを塗ってください。

必ずパッチテストで異常がないかを確認の上、使用を開始してください。

薬はなるべく湿気や熱、日光を避けて常温保存してください。特にトレチノインは可燃性のため高温や直火は避け、クリームが塗布後完全に乾くまでは喫煙もしないでください。

また、誤飲などを避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

トリルーマ3in1クリームは服用により以下の副作用が起きることがあります。

これは使用しているうちに軽減されていくものであり医師の治療も不要ですが、症状が続いたり気になる場合は医師に相談してください。

主な副作用
  • 軽度から中程度の発赤
  • 皮むけ
  • 灼熱感
  • 乾燥
  • かゆみ

ただし、以下の症状が現れた場合はただちに医師の治療を受けてください。

医師の治療が必要な副作用
  • 皮膚に黒い斑点
  • ヒリヒリ感
  • 皮膚の過敏症の増加
  • 発疹
  • 座瘡
  • 酒さによる皮膚の発赤
  • 皮膚の隆起
  • 水疱または皮膚を通して見える小さな赤い線や血管

また、以下はステロイドによる副作用です。異常を感じた場合はただちに使用を中止し医師の診察を受けてください。

ステロイドによる副作用
  • かゆみ
  • 炎症
  • 乾燥
  • 毛包の感染
  • 座瘡
  • 皮膚の色の変化
  • 口の周りの炎症
  • アレルギー性皮膚反応
  • 皮膚感染症
  • 皮膚の薄化
  • 皮膚線条

相互作用

トリルーマ3in1クリームは他のステロイド皮膚薬との併用はしないでください。

また、以下の医薬品は併用にあたり注意が必要です。必ず事前に医師に確認をしてください。

医師に確認が必要な薬剤

ハイドロキノン

  • 抗生物質を使用している

トレチノイン

  • 過酸化ベンゾイル、硫黄、レゾルシノール、サリチル酸を含むスキンケア製品

また、メラケアフォートクリームの有効成分トレチノインは一部のマルチビタミンと相互作用を引き起こし、有害作用/毒性作用を増強する可能性があるため組み合わせを避けてください。

相互作用を引き起こす可能性のある成分
  • マルチビタミン/フッ化物(ビタミンADE入り)
  • マルチビタミン/ミネラル(ビタミンADEK、葉酸、鉄を含む)
  • マルチビタミン/ミネラル(ビタミンAE入り、鉄なし)

ただし、薬に影響を及ぼす可能性は他にも処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が考えられます。 気になる場合は必要に応じて医師に相談の上、安全性を確認した上で使用してください。

禁忌・注意点

トリルーマ3in1クリームの有効成分トラネキサム酸にアレルギーがある、または妊娠中・授乳中の場合は使用しないでください。

また、以下に該当する場合は医師に相談し安全性を確認した上で薬を使用してください。

医師に確認が必要なケース

ハイドロキノン

  • 肝疾患・腎疾患
  • 喘息、亜硫酸塩アレルギー

トレチノイン

  • 湿疹
  • 魚アレルギー(魚由来の成分が含まれる場合)

フルオシノロンアセトニド

  • アジソン病などの副腎機能に影響を与える可能性のある疾患

トリルーマ3in1クリーム使用中は紫外線の影響を受けやすくなるため、なるべく日光を避け、日焼け止め(SPF30以上)を使用した上で衣服でもしっかり保護をしてください。

有効成分のハイドロキノンは過酸化ベンゾイルや過酸化水素など他の過酸化物製品と一緒に使用すると皮膚を汚すことがありますが、これは通常石鹸と水で取り除くことができます。

よくある質問

Q.有効成分はそれぞれ何%配合されていますか?
A.トリルーマ3in1クリームにはハイドロキノン4%、トレチノイン0.05%、フルオシノロンアセトニド0.01%が配合されています。
Q.塗ると日焼けしやすくなるって本当ですか?
A.はい。有効成分の影響で紫外線の影響を受けやすくなりますので、必ず日焼け止め(SPF30以上)を塗り衣服でもしっかり保護するようにしてください。