フィメルフィル10mg(femalefil)不感症改善女性用シアリス

femalefil

商品画像は、パッケージリニューアルなどの理由によりデザインが異なる場合がありますのでご了承ください。

LINE割引キャンペーン

商品番号:femalefil

フィメルフィル10mg(femalefil)フィメルフィル10mg(femalefil)不感症改善女性用シアリス

フィメルフィル10mg(femalefil) 10錠
在庫状態 : 在庫有り
¥2,950 ¥2,230
数量10錠
フィメルフィル10mg(femalefil) 20錠
在庫状態 : 在庫有り
¥5,900 ¥3,180
数量20錠
フィメルフィル10mg(femalefil) 30錠
在庫状態 : 在庫有り
¥8,850 ¥4,180
数量30錠
フィメルフィル10mg(femalefil) 40錠
在庫状態 : 在庫有り
¥11,800 ¥5,180
数量40錠
フィメルフィル10mg(femalefil) 50錠
在庫状態 : 在庫有り
¥14,750 ¥5,980
数量50錠

同じ成分(ジェネリック・正規品)や関連の医薬品

医薬品の概要

医薬品名
フィメルフィル(Femalefil)
メーカー
RSMエンタープライズ(Rsm Enterprises)
有効成分
タダラフィル(Tadalafil)
効果・効能
(女性の)不感症の改善/性的快感の向上
剤形
タブレット(tablet)

特徴

男性向けED治療薬・シアリスと同じ有効成分を含む女性向けシアリスです。
24時間もの長時間に渡って性的快感を向上させ不感症を改善するほか、ジェネリックのためコストパフォーマンスにも優れる点が大きな特徴です。

効果・効能

シアリスと同じ有効成分タダラフィルにより女性器周辺の血管が拡張され、感度を敏感にしたり膣内の潤滑を促します。

副作用

主な副作用としては、紅潮、鼻詰まり、頭痛、吐き気、胃のむかつき、筋肉痛、四肢痛などが挙げられます。

飲み方

性行為の2~3時間前に水またはぬるま湯で服用してください。
当サイトでは10mgの1種類が購入可能です。初めて使用される場合はピルカッターで10mg錠を1/2に割って飲んでください。

医薬品の詳細

フィメルフィルとは

フィメルフィルは、男性向けED治療薬・シアリスと同じ有効成分を含む女性用のシアリスです。

有効成分のタダラフィルにはペニスへの影響と同様に女性器全体の血流を改善する効果があり、クリトリスや膣、ラビアなど女性器周辺の感度を敏感にしたり膣内に通常以上の潤滑をもたらす効果があります。

ラブグラとはコンセプトが大きく異なる成分で、

  • 緩やかながら最大24時間もの長時間に渡って効果が持続する上に
  • 副作用が少なく
  • 飲食の影響を受けないなど利便性も改善されている

といった点が大きな特徴です。

効果時間中は性的刺激を受ければいつでも効果を発揮するため、セックスの予定時間が読めない場合に便利なほか、複数回・長時間のセックスでより快感を楽しみたい方にメリットがあります。

製造元のRSMエンタープライズはインドのチャンディーガルに本拠地を置く製薬会社で、特にジェネリック医薬品の製造を得意としています。

ISO9001認定を受ける高品質な同社の医薬品はアメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなどをはじめ世界中で利用されています。

詳細説明

フィメルフィルの有効成分タダラフィルは男性の勃起不全(ED)の治療に使用される医薬品ですが、女性が使用しても性的刺激に反応して女性器への血流を増加させる効果があります。

血液流入の増加によりクリトリス、ラビア、膣など女性器周辺の感度や性的快感を向上させるほか、同時に膣潤滑液の分泌も促されます。

不感症や性交痛、オーガズム障害(絶頂できない)といった症状はその女性特有の身体的・精神的な理由によって引き起こされますが、フィメルフィルはいずれの原因による不感症に対しても効果が期待できます。

ただし、薬の効果は個人差が大きく人によっては全く影響を及ぼさない場合もあります。

また、フィメールフィルは頭痛や紅潮などの一般的な副作用以外にも重い副作用を引き起こす可能性もあるため、ご注意ください。

もし、服用により重篤な症状が現れる場合はただちに医師の治療を受けてください。

また、この薬は梅毒、淋病、HIVをはじめとした性感染症(STD)に対しての予防・改善効果はありません。

効果・効能

不感症/性交痛

フィメルフィルの有効成分タダラフィルには女性器周辺の血流を改善する作用があり、性的刺激を受けた際の感度や快感を向上する効果があります。

もともと女性のクリトリスと男性のペニスは生物学的には近い構造をもつ器官のため、女性が飲んでも女性器全般で同じような効果が得られる仕組みです。

なお、この薬は性的刺激を受けた際の性的興奮を高めるものであり24時間に渡ってクリトリスの勃起が継続するものではありません。

効果詳細

不感症/性交痛

膣、クリトリス(陰核)、ラビア(陰唇)にあるホスホジエステラーゼ5型(PDE-5)と呼ばれる酵素は血流を抑制するはたらきがありますが、タダラフィルにはこの酵素のはたらきを阻害する作用があります。

これにより環状グアノシン一リン酸(cGMP)酵素がPDE-5により分解されなくなるため女性器においてcGMP濃度が高まります。

cGMPは膣、クリトリス(陰核)、ラビア(陰唇)の平滑筋を弛緩し血液流入をもたらす作用があるため、濃度が高まることにより

  • 女性の生殖器への血液流入増加
  • 毛細血管を介した血漿の限外濾過が膣潤滑に寄与

といった効果が得られるものです。

飲み方・使い方

フィメルフィルは、性行為の2~3時間前に1錠を水またはぬるま湯で服用してください。
服用後は1時間ほどで効果が現れ始め3時間ほどで血中濃度のピークを迎えます。

飲食の影響はほぼ受けないため、直前にアルコールや高カロリー・高脂肪食の摂取が可能です。
アルコールに対しては比較的寛容ではあるものの、同時摂取で起立性低血圧を引き起こす場合があったり副作用を増大する可能性もあるため過度な摂取にはご注意ください。

効果の持続時間が最大で24時間と非常に長いため、特に「当日か明日で性行為を行う予定日が定かでない」「複数回または長時間の性行為を楽しみたい」といった場合で特に有効です。

ただし、服用により思った効果が得られない場合でも、追加服用はせず24時間以上の服用間隔を必ず開けてください。

薬は湿気や熱、日光を避け常温で保管してください。
もし、子供やペットがいる場合は事故を避けるため手の届かないところに保管し、他者との薬の共有も避けてください。

副作用

フィメルフィルは服用によって以下の一般的な副作用が発生する可能性があります。

主な副作用

  • 頭痛
  • 紅潮(暖かみ、赤らみ、ピリピリする感覚)
  • 吐き気、胃のむかつき
  • 鼻づまり
  • 筋肉痛、腕や足、背中の痛み

ただし、以下の症状が現れる場合は薬の使用を中止し医師の治療を受けてください。

治療が必要な症状

  • 性行為中の吐き気、胸痛、めまい
  • 気絶しそうなふらつき
  • 勃起が痛みを伴うか、4時間以上続く(勃起が長引くと陰核が損傷することがあります)
  • 視力変化や突然の視力障害
  • 耳鳴りや突発性難聴
  • 心臓発作の症状(胸痛や圧迫感、あごや肩に広がる痛み、吐き気、発汗)
  • アレルギー反応の徴候(呼吸困難、顔、唇、舌、のどの腫れ)

副作用詳細

フィメルフィルの有効成分タダラフィルは、服用によっていくつかの副作用を引き起こすことがあります。
以下に挙げる症状は薬が体に慣れるにつれ低減するもので特に医師の治療も必要としませんが、程度が気になる場合は医師に相談し改善を図っても良いでしょう。

一般的な副作用

  • げっぷ
  • 胸焼け
  • 消化不良
  • 胃の不快感や痛み

まれに起こる副作用

  • 鼻血
  • 体の痛み
  • 灼熱感、かゆみ、しびれ、チクチクする感覚
  • 目の燃えるような感覚、乾き、かゆみ
  • 胸や胃の焼けるような感じ
  • 充血
  • 動きにくくなる
  • 嚥下困難
  • ドライマウス
  • 喉の乾燥や痛み
  • 過度の目やに
  • 眼痛
  • 自己または周囲が絶え間なく動いているような感覚
  • 暖かさ、顔、首、腕、時には胸の上部が赤くなる感覚
  • 発熱
  • 声が枯れる
  • 力が入らない
  • 軟便
  • 筋肉の痛みやけいれん
  • 筋硬直
  • 鼻づまり
  • 頸部痛
  • 体の痛み
  • 腕や脚の痛み
  • 喉の痛みや灼熱感
  • 眼、眼瞼、または眼瞼の内膜の発赤、痛み、腫れ
  • 触覚の低下
  • 鼻水
  • 回転するような感覚
  • 眠気や
  • 胃の不調
  • 眼瞼腫脹
  • 目または顔の腫れ
  • 関節腫脹
  • 涙が出る
  • 頸部リンパ腺の圧痛と腫脹
  • 胃部の圧痛
  • 睡眠障害
  • 上腹部または胃の痛み
  • 声の変化

珍しい副作用

  • 色覚の変化

ただし、服用により以下の副作用が発生した場合は、ただちに医師の治療を受けてください。

あまり一般的でない副作用

  • 腕、背中、顎の痛み
  • かすみ目
  • 胸痛または胸部不快感
  • 胸部圧迫感または重苦しさ
  • 悪寒
  • 冷や汗
  • 錯乱
  • 目まい
  • 失神
  • 横たわっているか、座っている姿勢から突然起きるときの失神またはふらつき
  • 頻脈または不整脈
  • 激しい頭痛
  • 難聴
  • 勃起亢進
  • 激しい吐き気
  • 不安感
  • 腕、あご、背中、首の痛みや不快感
  • 耳鳴り
  • 心拍が遅いか速い
  • 自然陰核勃起
  • 発汗
  • 異常な疲労や脱力
  • 嘔吐

発生率は不明

  • 失明
  • 皮膚の水疱形成、剥離、弛緩
  • 皮膚のひび割れ
  • 視力の減少または変化
  • 下痢
  • 発話困難
  • 物が二重に見える(複視)
  • 不整脈、激しい動悸
  • 激しいズキズキする頭痛
  • じんましん、みみず腫れ、かゆみ、発疹
  • 腕、脚、または顔の筋肉を動かすことができない
  • 話すことができない
  • 関節や筋肉の痛み
  • 体から熱が失われる
  • 顔、手、足のしびれやチクチク感
  • しばしば中央が紫色をした赤い皮膚病変
  • 赤く充血した目
  • 赤く腫れた皮膚
  • 皮膚の赤み
  • 目の充血または痛み
  • うろこ状の皮膚
  • ゆっくりした話し方になる
  • 口腔または口唇のただれ、潰瘍、または白い斑点
  • 胃痛
  • 心臓突然死
  • 足または下肢の腫れ

相互作用

フィメルフィルに含まれるタダラフィルはアルコールうぃ過剰摂取で血圧低下(めまいや失神)を引き起こすことがあります。

その他、ニトログリセリン、二硝酸イソソルビド、一硝酸イソソルビド、硝酸アミルなど胸痛または心臓病により硝酸薬を使用している場合、リオシグアト(アデムパス)を使用している場合も、血圧低下を引き起こす恐れがあるためタダラフィルを服用しないでください。

また、身近な例ではグレープフルーツ製品に含まれるフラノクマリン酸とも相互作用があり、望ましくない副作用を引き起こすため併用を避けてください。

医師に相談する必要がある薬

  • α作動薬(クロニジン、メチルドパ)
  • α遮断薬(アルフゾシン、ドキサゾシン、タムスロシン、テラゾシン)
  • 抗菌薬(クラリスロマイシン、エリスロマイシン、メトロニダゾール、ノルフロキサシン、リファブチン、リファンピン、テトラサイクリン)
  • 抗うつ薬(デシプラミン、セルトラリン)
  • 抗真菌薬(イトラコナゾール、ケトコナゾール、ボリコナゾール)
  • 嚢胞性線維症の治療薬(イバカフトールなど)
  • てんかんの治療薬(カルバマゼピン、オクスカルバゼピン、フェノバルビタール、フェニトイン、プリミドンなど)
  • 勃起不全の治療薬(アルプロスタジル、シルデナフィル、バルデナフィル)
  • 心臓の治療薬(アムロジピン、アミオダロン、アテノロール、カンデサルタン、カプトプリル、クロニジン、ジルチアゼム、エナラプリル、イルベサルタン、ロサルタン、ニフェジピン、プロプラノロール、ソタロール、ベラパミルなど)
  • 肝炎の治療薬(ボセプレビルやシメプレビル)
  • HIVの治療薬(アタザナビル、デラビルジン、エファビレンツ、インジナビル、エトラビリン、リトナビル、ネビラピン、サキナビル、チプラナビルなど)
  • 硝酸塩(硝酸アミル、硝酸イソソルビド、一硝酸イソソルビド、ニトログリセリンなど)
  • アプレピタント、シクロスポリン、イマチニブなど、その他の薬物

なお、これらの成分はタダラフィルと相互作用を引き起こす可能性のある代表的な成分に過ぎません。
その他にも相互作用を引き起こす可能性は処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多く挙げられ、その全ての成分について列挙しているわけではないためご注意ください。

禁忌

18歳未満の方によるフィメルフィル(タダラフィル)服用は避けてください。

また、以下の疾病の既往歴がある場合は事前に医師に相談し、安全性を確認した上でフィメルフィルを服用してください。

医師に相談が必要な既往歴

  • 心臓病、不整脈
  • 心臓発作、脳卒中
  • 狭心症(胸痛)、高血圧または低血圧)
  • 肺動脈性肺高血圧症
  • 肺静脈閉塞症(PVOD)
  • 肝疾患、腎疾患(または透析を受けている場合)
  • 視力障害または網膜色素変性症(目の遺伝性疾患)
  • 出血性疾患
  • 鎌状赤血球症、多発性骨髄腫、白血病などの血球障害
  • 陰核の物理的変形または勃起が4時間以上持続する
  • その他、健康上の理由で性交をするべきではないと言われた場合

タダラフィルは胎児に害を与えることはないとされていますが、妊娠中・妊娠予定・授乳中の場合も念のため事前に医師に相談してください。

その他にも、タダラフィルのようなPDE-5阻害薬はまれに突然の視力障害を引き起こすことがあります。

これは目に特定の疾患を抱えていたり血管障害の危険因子(心臓病、糖尿病、高血圧、高脂血症、冠動脈疾患、喫煙、または年齢50歳以上)を抱えている場合に起こりやすいことが知られていますが、薬が視力障害の実際の原因であったかどうかは明らかではありません。

よくある質問

Q.ラブグラとフィメルフィルの違いはありますか?
A.はい、ラブグラは即効性が強く短時間で強い作用を及ぼす薬で、フィメルフィルは緩やかな作用を長時間に渡って及ぼす薬になります。
それぞれの薬でメリット・デメリットがありますので目的に合わせて使い分けてください。
Q.フィメルフィルを服用すると24時間ずっと興奮し続けるのですか?
A.いいえ、性的刺激を受けた際の感度を向上する薬のため性的刺激がなければ日常生活に差し支えはありません。