フリバン100mg(fliban)アディージェネリック

fliban

商品画像は、パッケージリニューアルなどの理由によりデザインが異なる場合がありますのでご了承ください。

商品番号:fliban

フリバン100mg(fliban)アディージェネリック

フリバン100mg(fliban) 4錠
在庫状態 : 在庫有り
¥5,700 ¥4,980
数量4錠
フリバン100mg(fliban) 8錠
在庫状態 : 在庫有り
¥11,400 ¥8,980
数量8錠
【送料無料】フリバン100mg(fliban) 12錠
在庫状態 : 在庫有り
¥17,100 ¥13,480
数量12錠
【送料無料】フリバン100mg(fliban) 16錠
在庫状態 : 在庫有り
¥22,800 ¥16,980
数量16錠
【送料無料】フリバン100mg(fliban) 20錠
在庫状態 : 在庫有り
¥28,500 ¥19,980
数量20錠

同じ成分(ジェネリック・正規品)や関連の医薬品

医薬品の概要

医薬品名
フリバン(fliban)
メーカー
センチュリオン・ラボラトリーズ(Centurion Laboratories)
有効成分
フリバンセリン(Flibanserin)
効果・効能
女性の不感症の改善/性欲増強(HSDD)
剤形
タブレット(tablet)

特徴

世界で初めて開発された女性の性的興奮を高める医薬品で、脳に作用して女性の性欲を増強する効果があります。
先発薬・アディと同じ有効成分フリバンセリンを含み、安価ながら高いコストパフォーマンスを誇るのが特徴です。

効果・効能

アディと同じ有効成分フリバンセリンにより性的興奮に関わる神経伝達物質の分泌を促進。
閉経前女性の性的欲求(興奮)の低下・欠如を改善する効果があります。

副作用

主な副作用としては、眠気、吐き気、疲労感、眠気、口渇、不眠症などが挙げられます。

飲み方

就寝前に1日1回1錠(100mg)を水またはぬるま湯で服用してください。当サイトでは100mgの1種類が購入可能です。

医薬品の詳細

フリバンとは

フリバンは女性の性的空想や性的活動に対しての欲求低下や欠如(HSDD)に対して使用される治療薬で、性的興奮を高める効果があります。
先発薬のアディと同じ有効成分フリバンセリンを含むジェネリック薬のため、安価で高い効果が期待できます。

製造元のセンチュリオン・ラボラトリーズはインドのヴァドーダラーに本社を置く製薬会社でジェネリック分野の製造に長けています。
特に男性向けED治療薬ブランドに定評があり、同社の工場はWHOの適正製造基準の認証を受ける近代的な設備を備え国際的な品質基準をクリアするなど高い品質を誇ります。

詳細説明

フリバンは女性の性的欲求低下障害(HSDD)改善に使用される医薬品で、性的興奮の低下・欠如を改善する効果があります。

有効成分のフリバンセリンは脳に作用する薬で、特定部位のセロトニン放出を減らしつつドーパミンとノルエピネフリンの放出を強化することで性的機能を改善する仕組みです。

ただし、薬の効果は個人差が大きく人によっては全く影響を及ぼさない場合もあります。

また、誰にでも使用できるわけではなく以下の場合は有効性が低下するためご注意ください。

  • 原因が病気、精神障害、ストレス、医薬品にある
  • 閉経している
  • 男性である

効果・効能

フリバンの有効成分フリバンセリンは脳に作用する成分で、服用により女性の性的興奮の低下・欠如を改善する効果があります。

これは脳内の性的欲求低下に関わる部位でセロトニン放出を減らしながら、ドーパミンとノルエピネフリンの放出を強化することで性的機能を改善する仕組みです。

効果詳細

フリバンの有効成分フリバンセトリンは脳内セロトニン受容体に対する親和性が高く、5-HT1Aに対するアゴニスト、5-HT2Aに対するアンタゴニストとして作用します。

フリバンセリンは生体内で5-HT1Aおよび5-HT2A受容体に等しく結合しますが、ストレス下のような高レベルの脳5‐HT下では5‐HT2A受容体を5‐HT1A受容体よりも高い割合で占有する可能性があります。

また、D4(ドーパミン)受容体と5-HT2Bおよび5-HTB2Cにも適度に拮抗する可能性があります。

この神経伝達物質受容体に対する作用は、セロトニンレベルの低下とドーパミンおよびノルエピネフリンレベルの上昇に寄与すると思われ、これらすべてが報酬処理に関与している可能性が考えられます。

飲み方・使い方

フリバン(フリバンセリン)は、就寝時に1日1回100mgを水またはぬるま湯で服用してください。

脳に作用する薬のため症状が改善するまで最大8週間かかる場合があります。
ただし、8週間使用しても変化が見られない場合は医師に相談し別の治療法を検討してください。

なお、アルコールは併用により危険な低血圧を引き起こす可能性があります。
服用前の少なくとも2時間から翌日まで飲酒を避けてください。

もし、2時間以内にアルコールを摂取した場合は就寝時の薬の服用を飛ばしてください。

また、アルコールを摂取しなくても血圧を下げる副作用によりめまいが起きる可能性があります。
服用後にふらつきを感じた場合はそのまま横になってください。

薬は高温多湿・直射日光を避け常温で保存してください。
もし、子供やペットがいる場合は誤飲を避けるため手の届かないところで保管するなど細心の注意を払ってください。

副作用

フリバンの有効成分フリバンセリンは、一般的な副作用として以下の症状が報告されています。

主な副作用

  • めまい、眠気
  • 疲労
  • 吐き気
  • 口渇
  • 眠れない

ただし、特に以下の症状が現れる場合には服用を中止しただちに医師の治療を受けてください。

治療が必要な症状

  • 重度の眠気
  • 気を失うようなふらつき感

緊急の治療が必要な症状

  • アレルギー反応の徴候(じんま疹、呼吸困難、顔、唇、舌、のどの腫れ

副作用詳細

フリバンは有効成分フリバンセリンより以下の副作用が生じることがあります。

通常は体が薬に順応するため医師の治療も不要ですが、症状の程度が気になる場合は医師に相談しても良いでしょう。

あまり一般的でない副作用

  • 便秘
  • 口渇
  • 神経質
  • 月経出血が想定より早くまたは長く続く
  • 発疹
  • 睡眠障害

ただし、以下の症状があらわれた場合はただちに医師の治療を受けてください。

一般的な副作用

  • 視力障害
  • 錯乱
  • (特に横臥位や座位から突然起き上がったときの)めまい、失神、立ちくらみ
  • (異常な)眠気
  • 発汗
  • 異常な疲労や衰弱

あまり一般的でない副作用

  • 自分や周囲が常に動いているような感覚
  • 目が回るような感覚

珍しい副作用

  • 腹部膨満
  • 発熱
  • 吐き気
  • 重度のけいれん
  • 胃または下腹部痛
  • 嘔吐

相互作用

飲酒後2時間以内にフリバン(またはフリバンセリン)を服用しないでください。
これはアルコールが危険な副作用・望ましくない副作用を引き起こす可能性があるためです。

また、グレープフルーツ製品も同様に相互作用を引き起こすため同様に避けてください。

その他にも以下の成分も同様に相互作用を引き起こす可能性が知られています。
該当する場合は医師に相談し安全性を確認した上で薬を服用してください。

医師に相談する必要がある薬

  • ネファゾドン
  • 抗生物質(シプロ/シプロキサン(シプロフロキサシン)、クラリス/クラリシッド(クラリスロマイシン)、エリスロシン(エリスロマイシン)、テリスロマイシン)
  • ​抗真菌薬(ジフルカン(フルコナゾール)、イトラコナゾール、ニゾラール(ケトコナゾール)、ポサコナゾール)
  • ​​C型肝炎治療のための抗ウイルス薬(ボセプレビル、テラビック(テラプレビル))
  • ​心臓や血圧の薬(コニバプタン、ヘルベッサー(ジルチアゼム)、ワソラン(ベラパミル))
  • ​​HIV/エイズ治療薬(レイアタッツ(アタザナビル)、ホスアンプレナビル、クリキシバン(インジナビル)、ネルフィナビル、ノービア/カレトラ/ヴィキラックス(リトナビル)、インビラーゼ(サキナビル))
  • タガメット(シメチジン)
  • イチョウ葉
  • レスベラトロール
  • セントジョンズワート(セイヨウオトギリ)
  • オピオイド薬、睡眠薬、筋弛緩薬、不安やけいれんの薬
  • その他作用・副作用により眠くなる薬

その他にも、フリバンセリンとの相互作用を引き起こす成分は処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が挙げられます。
その全てについてこのページで列挙しているわけではないためご注意ください。

禁忌

有効成分のフリバンセリンにアレルギーがある場合は、フリバンを使用しないでください。

以下に該当する場合も同様です。

  • 肝疾患
  • アルコールを摂取したばかり
  • 18歳未満である

また、以下に該当する場合は医師に相談し安全性を確認した上で薬を服用してください。

既往歴がある場合

  • アルコール依存症(飲酒習慣がある)
  • 薬物中毒
  • うつ病や精神疾患
  • 低血圧
  • (今現在)妊娠中・授乳中である

注意点として、この薬はめまいや低血圧により転倒・事故を引き起こす可能性があります。

服用後少なくとも6時間は運動や運転・機械操作を避けてください。
また、めまいを避けるため座ったり横になっている状態からはゆっくり起き上がるようにしてください。

よくある質問

Q.どんな女性でも使用できますか?
A.いいえ、閉経を迎えた女性に対して有効なものではありません。
Q.飲めば誰でも性欲が向上しますか?
A.いいえ、個人差があり効果を感じられない方も中にはいます。
また、性的欲求の低下原因が病気、精神障害、人間関係のストレス、医薬品によって引き起こされている場合も有効性が薄いです。