エコスピリン75mg/150mg(Ecosprin)アスピリンジェネリック

ecosprin
ecosprin
ecosprin
ecosprin

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:ecosprin
エコスピリン75mg/150mg(Ecosprin)アスピリンジェネリック
エコスピリン75mg(Ecosprin) 98錠
在庫状態 : 在庫あり
21%OFF ¥3,000 ¥2,380
数量98錠
エコスピリン75mg(Ecosprin) 294錠
在庫状態 : 在庫あり
56%OFF ¥9,000 ¥3,980
数量294錠
エコスピリン75mg(Ecosprin) 490錠
在庫状態 : 在庫あり
61%OFF ¥15,000 ¥5,880
数量490錠
エコスピリン150mg(Ecosprin) 98錠
在庫状態 : 在庫あり
21%OFF ¥2,900 ¥2,280
数量98錠
エコスピリン150mg(Ecosprin) 294錠
在庫状態 : 在庫あり
55%OFF ¥8,700 ¥3,880
数量294錠
エコスピリン150mg(Ecosprin) 490錠
在庫状態 : 在庫あり
62%OFF ¥14,500 ¥5,480
数量490錠

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

この薬と同じ成分の医薬品は見つかりませんでした。お手数ですが、以下のボタンより類似薬をお探しください。

エコスピリンの詳細

エコスピリンとは

医薬品名
エコスピリン(Ecosprin)
メーカー
ユーエスブイ(USV Ltd)
有効成分
アスピリン(Aspirin)
効果・効能
解熱/鎮痛/抗炎症
剤形
錠剤(tablet)
  1. 様々な痛みに幅広く効く リウマチ、関節痛、腰痛、歯痛、筋肉痛、頭痛、月経痛などいろいろな痛みにアプローチします。
  2. 新型コロナウイルスの感染予防としても注目 有効成分のアスピリンが、新型コロナの重症化予防や死亡率を低下させる可能性があるとして研究が進められています。いざという時の解熱剤として購入する方も増えています。
  3. 高いコストパフォーマンス ジェネリック薬のため非常にお手頃です。世界で最も厳しいとされるcGMPに準拠した工場で製造された医薬品なので品質も優れています。

エコスピリンは解熱鎮痛消炎剤です。

有効成分のアスピリンは古くから使われてきた医薬品で、酸性非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)とも呼ばれます。

炎症を鎮めて、腫れや発赤、痛みなどの症状を和らげるとともに、熱を下げる働きがあります。
また、血液を固まりにくくする作用があるため、川崎病の治療薬として用いられることもあります。

アスピリンの持つこれらの作用が新型コロナウイルスに対し予防・治療効果を発揮する可能性があるとの研究も進められています。 一部研究では、アスピリン服用者は非服用者に比べ新型コロナウイルスへの感染リスクが29%低かったことや、染期間が短かった(回復が早かった)との報告があります。
また新型コロナウイルス感染による血栓症リスクを低下させ重症化予防に役立つ可能性もあると考えられています。
ただし、あくまで研究段階であり直接的な関係があると結論付けられたものではありません。

アスピリンは、飲み合わせに注意が必要な薬剤が多数ありますのでご注意ください。

製造元のUSVは、1961年創業のインドの製薬会社です。世界65ヵ国以上に医薬品の供給を行うグローバルカンパニーです。 同社の製造工場はcGMP基準をクリアしているため安全性や品質はご安心ください。

効果・効能

エコスピリンは、腫れや痛みを和らげ熱を下げる働きのある医薬品です。

有効成分のアスピリンには、解熱・鎮痛・抗炎症・抗血小板作用があります。
炎症の原因となるプロスタグランジンの合成酵素シクロオキシゲナーゼを阻害することにより、痛みや腫れを和らげ熱を下げてくれます。 また、血液をサラサラにする作用もあることから、川崎病用剤として用いられたり、低用量のものは脳梗塞や心筋梗塞の治療薬としても活用されています。

適応症

  • 関節リウマチ、リウマチ熱、変形性関節症、強直性脊椎炎、関節周囲炎、結合織炎、術後疼痛、歯痛、症候性神経痛、関節痛、腰痛症、筋肉痛、捻挫痛、打撲痛、痛風による痛み、頭痛、月経痛
  • 急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)の解熱・鎮痛
  • 川崎病(川崎病による心血管後遺症を含む)

新型コロナウイルス(COVID-19)

アスピリンは、RNAウイルスへの感染を予防する可能性があるとの報告がされていることや、1918年に流行したスペイン風邪の治療薬としても用いられたことから新型コロナウイルスへの効果についても研究が進められています。

Barzilai Medical CenterのEli Magen氏らによる研究では、アスピリン服用者は非服用者に比べ新型コロナウイルスへの感染リスクが29%低いことが報告されました。また、アスピリン服用者は非服用者に比べ新型コロナウイルス感染期間が短かった(回復が早かった)ことも示されています。

また、『Aspirin in COVID-19: Pros and Cons』の報告では、アスピリン服用者は感染後14~30日で死亡リスクが32%減少したことが示されています。 新型コロナウイルスに感染すると血栓ができやすくなり、高齢者や基礎疾患がある方の重症化の一因となっています。アスピリンの抗血栓作用が働くことで、合併症や重症化のリスク回避にも役立つ可能性があります。


エコスピリンの有効成分アスピリンは、酸性非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)です。
プロスタグランジン生合成の律速酵素であるシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害し、プロスタグランジンの産出を抑制することで、血小板凝集抑制作用、抗炎症作用、解熱作用、鎮痛作用を現します。

新型コロナウイルス(COVID-19)

新型コロナウイルスの合併症は、サイトカインストームを伴う免疫調節不全症候群に関連すると考えられています。
この炎症は血液凝固や血液の恒常性を乱すことが知られています。また、新型コロナウイルスは血管内皮細胞に感染して心臓、脳、肺、腎臓、腸管などにダメージを与えることが確認されています。
抗炎症作用と抗血栓作用を持つアスピリンは、新型コロナウイルスの重症化を防ぐとして期待されています。

飲み方・使い方

エコスピリンは症状に合わせた用量を空腹時を避け水かぬるま湯で服用してください。

一般的な成人の用量は以下の通りです。

  • 関節リウマチ、リウマチ熱、変形性関節症、強直性脊椎炎、関節周囲炎、結合織炎、術後疼痛、歯痛、症候性神経痛、関節痛、腰痛症、筋肉痛、捻挫痛、打撲痛、痛風による痛み、頭痛、月経痛
    1回.5~1.5g、1日1.0~4.5gを服用してください。
    年齢や症状に応じて増減してください。ただし、1回の最大用量は1.5g、1日の最大用量は4.5gまでです。
  • 急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)の解熱・鎮痛
    1回0.5~1.5gを頓用してください。
    年齢や症状に合わせて増減してください。ただし、原則として1日2回までとし、1日最大4.5gを限度としてください。
  • 川崎病(川崎病による心血管後遺症を含む)
    急性有熱期間は、1日体重1㎏あたり30~50mgを3回に分けて服用してください。
    解熱後の回復期~慢性期は1日体重1㎏あたり3~5mgを服用してください。
    また、症状に応じて増減してください。

新型コロナウイルスの予防・治療に関して定められた用量はありませんので以下を参考にしてください。

新型コロナウイルス
  • FLCCC『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防と治療に関するプロトコル』
    1日325㎎を水かぬるま湯で服用してください。詳細

薬はなるべく湿気や熱、日光を避けて常温保存してください。また、誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

エコスピリンは有効成分アスピリンにより副作用を引き起こす場合があります。

副作用として過度の体温下降、虚脱、四肢冷却などが現れることがあります。特に、高熱を伴う小児および高齢者または消耗性疾患の方は服用後の副作用の現れに注意してください。

以下は一般的な副作用ですが、症状の程度が重いまたは改善しない場合は医師にご相談ください。

主な副作用
  • 食欲不振
  • 胸やけ
  • 悪心・嘔吐
  • 胃痛、腹痛
  • 胃腸障害
  • 便秘
  • 下痢
  • 食道炎
  • 口唇腫脹
  • 吐血
  • 胃部不快感
  • 蕁麻疹
  • 発疹
  • 浮腫
  • 鼻炎様症状
  • 貧血
  • 血小板機能低下(出血時間延長)
  • そう痒
  • 発汗
  • めまい
  • 頭痛
  • 興奮
  • AST(GOT)上昇
  • ALT(GPT)上昇
  • 腎障害
  • 血圧低下
  • 血管炎
  • 心窩部痛
  • 気管支炎
  • 耳鳴り、難聴
  • 角膜炎、結膜炎
  • 過呼吸
  • 代謝性アシドーシス
  • 倦怠感
  • 低血糖

ただし、服用後に以下の副作用が現れる場合はただちに使用を中止し医師の治療を受けてください。

治療が必要な症状
  • ショック、アナフィラキシー
  • 出血(脳出血、肺出血、消化管出血、鼻出血、眼底出血など)
  • 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)
  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)
  • 剥脱性皮膚炎
  • 再生不良性貧血
  • 血小板減少
  • 白血球減少
  • 喘息発作の誘発
  • 肝機能障害
  • 黄疸
  • 消化性潰瘍
  • 小腸・大腸潰瘍

相互作用

アルコール(飲酒)は消化管出血が増強されるおそれがあるので、エコスピリン服用中はアルコール(飲酒)を避けてください。

また、以下の薬剤との併用には注意が必要です。必ず事前に医師にご確認の上服用してください。

  • クマリン系抗凝固剤
    ワルファリンカリウム
  • 血液凝固阻止剤
    ヘパリン製剤、ダナパロイドナトリウム、第Xa因子阻害剤(リバーロキサバなど)、抗トロンビン剤(ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩など)、トロンボモデュリン アルファなど
  • 血小板凝集抑制作用を有する薬剤
    チクロピジン塩酸塩、シロスタゾール、クロピドグレル硫酸塩、トロンボキサン合成酵素阻害剤(オザグレルナトリウム)、プロスタグランジンE1製剤・E1及びI2誘導体製剤(ベラプロストナトリウムなど)、サルポグレラート塩酸塩、イコサペント酸エチルなど
  • 血栓溶解剤
    ウロキナーゼ、t-PA製剤など
  • 糖尿病用剤
    ヒトインスリン、トルブタミドなど
  • メトトレキサート
  • バルプロ酸ナトリウム
  • フェニトイン
  • 炭酸脱水酵素阻害剤
    アセタゾラミドなど
  • 副腎皮質ホルモン剤
    ベタメタゾン、プレドニゾロン、メチルプレドニゾロンなど
  • リチウム製剤
    炭酸リチウム
  • チアジド系利尿剤
    ヒドロクロロチアジド
  • 尿酸排泄促進剤
    プロベネシド、ベンズブロマロン
  • 乳酸ナトリウム
  • 非ステロイド系解熱鎮痛消炎剤
    インドメタシン、ジクロフェナクナトリウム、オキシカム系消炎鎮痛剤、ピロキシカム、イブプロフェン、ナプロキセン、スルピリンなど
  • ドネペジル塩酸塩
  • β遮断剤
    プロプラノロール塩酸塩など
  • アンジオテンシン変換酵素阻害剤
    カプトリルなど
  • ループ利尿剤
    フロセミドなど
  • ニトログリセリン
    タクロリムス水和物
  • シクロスポリン
  • ザフィルルカスト
  • プロスタグランジンD2・トロンボキサンA2受容体拮抗剤
    セラトロダスト、ラマトロバン
  • 選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)
    フルボキサミンマレイン酸塩、セルトラリン塩酸塩など

その他にも、エコスピリンと相互作用を引き起こす成分は処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が挙げられます。
これらの相互作用はあくまで代表的なもののみで全てについて列挙しているわけではありませんのでご注意ください。

禁忌・注意点

エコスピリンの有効成分アスピリンに対してアレルギーがある場合は薬を服用しないでください。

また、以下に該当する場合は医師に相談し安全性を確認した上で薬を服用してください。

医師に確認が必要な疾病や状態(川崎病を除く効能または効果に使用する場合)
  • サリチル酸系製剤に対する過敏症の既往歴
  • 消化性潰瘍
  • 重篤な肝障害
  • 重篤な腎障害
  • 重篤な心機能不全
  • アスピリン喘息
  • 出産予定日12週以内の妊婦
医師に確認が必要な疾病や状態(川崎病による心血管後遺症を含む川崎病の治療に使用する場合)
  • サリチル酸系製剤に対する過敏症の既往歴
  • 消化性潰瘍
  • 出血傾向
  • アスピリン喘息
  • 出産予定日12週以内の妊婦

以下に該当する方はエコスピリンの使用に当たり注意が必要ですので、必ず事前に医師にご相談ください。

注意が必要な疾病や状態
  • 消化性潰瘍の既往歴
  • 血液の異常又はその既往歴
  • 出血傾向
  • 肝障害又はその既往歴
  • 腎障害又はその既往歴
  • 心機能異常
  • 過敏症の既往歴
  • 気管支喘息
  • 高齢者
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある、授乳中
  • 小児
  • 非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍のある患者で、本剤の長期投与が必要であり、かつミソプロストールによる治療が行われている
  • アルコール常飲者
  • 手術、心臓カテーテル検査又は抜歯前1週間以内
  • 15歳未満の水痘
  • インフルエンザ

また、以下に十分注意をしてください。

慢性疾患(関節リウマチ、変形性関節症など)に対しエコスピリンを服用する場合
  • 長期服用する場合には、定期的に臨床検査(尿検査、血液検査および肝機能検査など)を行ってください。異常があった場合には、薬の減量や休薬をしてください。
  • 薬物療法以外の療法も検討してください。
急性疾患に対しエコスピリンを服用する場合
  • 疼痛,発熱の程度を考慮して服用してください。
  • 長期服用は避けてください。
  • 原因療法があればそれを行うようにしてください。
川崎病
  • 原則として川崎病の診断がつき次第,投与を開始することが望ましいとされています。
  • 川崎病では発症後数ヵ月間、血小板凝集能が亢進しているので、川崎病の回復期において、本剤を発症後2〜3ヵ月間投与し、その後断層心エコー図等の冠動脈検査で冠動脈障害が認められない場合には、本剤の投与を中止してください。 冠動脈瘤を形成した症例では,冠動脈瘤の退縮が確認される時期まで投与を継続することが望ましいとされています。
  • 川崎病の治療においては、低用量では十分な血小板機能の抑制が認められない場合もあるため、適宜血小板凝集能の測定などを行ってください。
  • 川崎病の急性期に対して服用する場合は、必要に応じて肝機能検査を行い、異常が認められた場合は、薬の減量や休薬をしてください。
  • 川崎病患者(川崎病による心血管後遺症を含む)に対して長期服用する場合には、定期的に臨床検査(尿検査、血液検査および肝機能検査など)を行ってください。異常があった場合には、薬の減量や休薬をしてください。

よくある質問

Q.新型コロナウイルス予防として飲んでもいいですか?
A.アスピリンは新型コロナウイルスに対し有効性であると示す報告があります。
ただし、反対に、効果が認められないとする研究もあるため現時点ではアスピリンの新型コロナウイルスへの効果は明確になっていません。
新型コロナウイルスの予防や治療として服用する場合はご自身の責任お願いいたします。
Q.エコスピリンはいつ飲むのが効果的ですか?
A.なるべく空腹時を避けて服用してください。
Q.通販で購入するのは不安です。
A.ラククルは100%正規品保障の個人輸入代行通販サイトですので、エコスピリンを含め取り扱い商品はすべて正規品です。
また、製造元は厳しい国際基準をクリアしている企業ですので品質や安全性はご安心ください。

通販で購入前に必ずお読みください

商品説明について

チェック

商品説明・概要・成分・服用方法・禁忌・注意点・副作用などは説明書を 和訳したり一般的な情報をまとめています。 使用方法が不明な方、併用禁忌薬がわからない方は専門の医師やかかりつけの医師に相談してから購入・服用して下さい。

メール指定受信設定

メール受信設定

ラククルから大切なお知らせ(注文情報・お問い合わせの返信など)が届きません。
まずは指定受信設定を必ず行ってください。

メール指定受信設定

ラククル公式LINE

LINE割引キャンペーン

ラククル公式LINEでは、LINE限定のお得なキャンペーンや入荷情報などお得な情報をお届けいたします。 その他、お問い合わせもできますのでぜひご登録お願いいたします。

ラククル公式LINE

送料無料

送料無料

\10,000円以上購入で送料無料!!/

一回の注文額が1万円以上で送料が無料になりますぜひご利用ください。

処方箋不要・正規品保証

処方箋不要

処方箋や診断書なしでも注文可能です。
ラククルで取り扱いの商品は厳正なチェックを行って販売しております。安心してお求めください。

梱包・外箱

梱包・外箱

プライバシーも安心の『段ボールに商品名記載なし』で配送させていただきます。『局留め』の配送も可能です。

エコスピリン75mg/150mg(Ecosprin)アスピリンジェネリックのレビュー(口コミ・評価)を投稿する

※いたずら防止の為、レビューは承認制を取らせて頂いておりますのでサイトに反映されるまでお時間がかかる場合がございます。

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインする

お客様のレビューをお待ちしています。