アンドロフォルテクリーム5%(Androforte Cream)

androforte-cream

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

医薬品の関する説明は製薬会社の添付文書などから抜粋しています。
評価
4.3
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:androforte-cream
アンドロフォルテクリーム5%(Androforte Cream)
アンドロフォルテクリーム5%(Androforte Cream) 1本【送料無料】
在庫あり
7%OFF ¥29,000 ¥26,980
数量1本
アンドロフォルテクリーム5%(Androforte Cream) 3本【送料無料】
在庫あり
10%OFF ¥87,000 ¥77,980
数量3本
アンドロフォルテクリーム5%(Androforte Cream) 5本【送料無料】
在庫あり
11%OFF ¥145,000 ¥128,980
数量5本

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

アンドロフォルテクリームの詳細

アンドロフォルテクリームとは

医薬品名
アンドロフォルテクリーム(Androforte Cream)
メーカー
ローリィファーマ(Lawley Pharma)
有効成分
テストステロン(Testeosterone)
効果・効能
筋肉増強/性欲向上/性機能の回復
剤形
クリーム(Cream)
  1. 男性ホルモンを手軽にチャージ 男性らしい身体作りには欠かせないテストステロンを塗ってチャージできるクリームで、筋肉増強のほかEDや性欲減退の改善にも効果が期待できます。
  2. メンタルヘルスにも有効 テストステロンはメンタルの安定にも関わっていて、イライラや不安を改善しやる気や集中力のアップにも役立ちます。
  3. 経皮ホルモン剤のスペシャリスト アンドロフォルテクリームは経皮ホルモン剤の世界的リーダーであるローリィファーマ社の製品で、安全性や品質が高く世界中に愛用者がいます。

アンドロフォルテクリームは男性ホルモンであるテストステロンを補充できる塗り薬です。

テストステロンは男性の筋肉形成や性欲、脂質代謝、気力・やる気などに大きな影響を与えています。
しかしテストステロンは40代以降減少するとされていて、不足すると筋力の低下や性欲低下、勃起不全(ED)、抑うつ、不安、疲労など男性更年期障害の症状があらわれます。

アンドロフォルテクリームはテストステロンを塗って補充できるクリームで、身体・精神的な不調を改善し男性らしさを維持する効果が期待できます。

含まれるテストステロンは男性の体内で産生されるものと同じ化学構造になっているため身体への負担や副作用が少なく抑えられています。

製造元のローリィファーマ社はオーストラリアに本拠地を置く製薬会社です。1995年の創業以来、局所ホルモンクリームに特化した製品の研究開発を行っており、経皮ホルモン剤の世界的リーダーともいえる存在です。


テストステロンは男性ホルモンの一種で、男性の身体・精神的健康に大きく関わっています。

テストステロンは40代以降減少していき、筋力の低下や性欲の減退、勃起不全、集中力の低下、抑うつ、不安感、イライラ、疲労など様々な不調をもたらします。

アンドロフォルテクリームはこのような不調改善のために用いられる経皮ホルモン剤で、テストステロンを補充することで筋力アップや、性機能・性欲改善、メタボリックシンドロームの改善、男性更年期障害の改善などの効果が期待できます。

日本では「グローミン」という男性ホルモンクリーム剤がありますが、アンドロフォルテクリームはよりテストステロンの量が多いため高い効果が期待できます。

効果・効能

アンドロフォルテクリームは肌に直接塗ることで男性ホルモンであるテストステロンを補充し身体・精神の健康を維持する効果が期待できる医薬品です。

体内のテストステロン量を増加させることで筋力アップ、性欲の改善、勃起不全(ED)の改善、やる気・集中力の向上、メタボリックシンドロームの改善効果が期待できます。

日本で販売されているグローミンはテストステロン1%なのに対し、アンドロフォルテクリームは5%と5倍のテストステロンを含有しています。

飲み方・使い方

アンドロフォルテクリームは1日1回、毎日同じ時間(できれば午前中)に塗布し、30秒ほどマッサージしてください

  • 陰嚢への塗布
    1日あたり計量アプリケーターで0.5mL のクリームを陰嚢全体に塗布します。ただし、1日あたり1mlを超えないようにしてください。
  • 上半身への塗布
    1日あたり計量アプリケーターで2mL のクリームを上半身(胴体、腹部、体の内側)に塗布します。ただし、1日あたり4mlを超えないようにしてください。

クリームを塗布した後は石鹸で手をよく洗い流してください。

クリームは陰嚢への塗布後2時間、上半身への塗布後6時間は洗い流さないようにしてください。

傷のある部位にはクリームを塗布しないでください。

薬は湿気や熱、日光をなるべく避けて常温保存してください。もし、子供やペットがいる場合には保管場所にも細心の注意を払ってください。

副作用

アンドロフォルテクリームは使用により以下の一般的な副作用を引き起こすことがありますが、これは体の順応により薄れていく一時的なもので医師の治療も不要です

ただし、症状の程度が気になる場合は医師に相談してください。

主な副作用
  • 性的衝動の変化
  • 乳房痛・圧痛・肥大
  • 気分の変化
  • 緊張
  • イライラ
  • 食欲増加
  • 体重増加
  • 脱毛
  • 髪の毛の変色
  • 体毛の増加
  • 睾丸サイズの縮小
  • 血糖値の変化
  • 脂性肌
  • ニキビ
  • 排尿困難
  • 排尿痛
  • 頻尿
  • 血圧上昇・低下
  • 顔面潮紅
  • 心拍の変化
  • 疲労感
  • 吐き気・嘔吐
  • 睡眠時無呼吸の悪化
  • 頭痛
  • 片頭痛
  • めまい
  • 記憶喪失
  • 嗅覚または味覚の変化
  • 筋肉のけいれんや痛み
  • 異常な衰弱
  • 気分の悪化
  • 足または足首の腫れ

ただし、以下の副作用が現れる場合はただちに使用を中止し医師の治療を受けてください。

アレルギー反応
  • 刺激感
  • 発赤
  • 乾燥
  • 蕁麻疹
  • 息切れ
  • 呼吸困難
  • 顔・唇・舌などの腫れ
  • かゆみ
重大な副作用
  • 黄疸
  • 突然の激しい頭痛
  • 視力喪失
  • 調整感覚の喪失
  • ろれつが回らない
  • 息切れ
  • 胸痛
  • しびれ
  • 腕や脚の熱感や腫れ
  • 望ましくない、頻繁な、または長期にわたる痛みを伴う勃起
まれな副作用
  • 血中コレステロールの増加
  • ヘマトクリット、ヘモグロビンおよび赤血球数の増加
  • クレアチニンの増加
  • 前立腺特異抗原の増加
  • 精子数の減少

相互作用

アンドロフォルテクリームは一部の薬剤と相互作用を引き起こす可能性があります。

もし以下に該当する場合は医師に相談し安全性を確認した上で薬を服用してください。

医師への確認が必要な薬
  • 経口抗凝固薬
  • コルチコステロイドまたは副腎皮質刺激ホルモン、
  • オキシフェンブタゾン
  • インスリン
  • ブプロピオン
  • シクロスポリン
  • アンクリーミカ・ダフリカ、チャパラル、コンフリー、ユーカリ、ジャーマンダーティー、ジンブフアン、カバ、ペニーロイヤルオイル、スカルキャップ、バレリアンなどのハーブ製品

アンドロフォルテクリームとの相互作用を引き起こす可能性は、その他にも処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が挙げられます。
これらの相互作用はあくまで代表的なもののみで全て列挙しているわけではないためご注意ください。

禁忌・注意点

テストステロン、アーモンドオイルなどアンドロフォルテクリームの成分に対しアレルギーがある場合は使用できません。

また、以下に該当する場合も同様です。

薬を使用できないケース
  • 前立腺がん
  • 乳がん
  • 女性
  • 子供

その他、以下に該当する場合も医師に相談し安全性を確認した上で薬を服用してください。

医師に確認が必要な既往歴
  • 血栓、または血栓が形成されやすくなる症状
  • 高カルシウム血症
  • 高カルシウム尿症
  • 高血圧または心臓病
  • 体液が貯留する傾向
  • 肝臓または腎臓の病気
  • てんかん(発作)
  • 片頭痛
  • 糖尿病
  • 前立腺肥大による排尿困難
  • 睡眠時無呼吸

血液検査を受ける予定がある方は、事前にアンドロフォルテクリームを使用していることを申告してください。

アンドロフォルテクリームは塗布部分が他の人の皮膚に接触した場合に影響を及ぼす可能性があります。
特に子供との接触が複数回または長期間生じると男性化(体毛の増加、声の低音化など)が起こる場合があります。また、女性の場合は月経周期が変化するおそれがありますので、塗布後は少なくとも6時間は接触を避けてください。万が一、子供や女性がアンドロフォルテクリームに接触した場合は、ただちに石鹼でよく洗い流してください。

既存の前立腺腫瘍および前立腺肥大症 (前立腺の肥大) の増殖を促進する可能性があります。また、男性の乳がんのリスクを高める可能性もありますので、使用前に必ず前立腺がんや乳がんが存在していないかを確認してください。

よくある質問

Q.グローミンとは何が違うんですか?
A.日本で販売されている男性ホルモンクリーム剤グローミンはテストステロン量が1%なのに対しアンドロフォルテクリームは5%とテストステロンの量が多くなっています。
Q.男性にも更年期があるんですか?
A.はい。40代以降はテストステロンが減少することで抑うつ、イライラ、不安などの精神症状や性欲減退、勃起不全などの症状があらわれることがあり、男性更年期障害と呼ばれています。 こうした症状はテストステロンを補充することで改善が見込めると考えられています。